• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 市川由紀乃デビュー25周年で出会った 「阿久悠さん未発表曲」を披露

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

市川由紀乃デビュー25周年で出会った 「阿久悠さん未発表曲」を披露


リサイタルを行った市川由紀乃

 演歌歌手・市川由紀乃(42)が31日、東京・浅草公会堂でリサイタルを行った。

 デビューから25年を迎えた市川は「25年の歌手人生を振り返りつつ、新たなスタートラインにもしたい」と語った。

 ステージでは1月に発売し10万枚を突破するヒット曲となったシングル「うたかたの女」や、この日発売されたアルバム「唄女ⅠⅠⅠ~昭和歌謡コレクション&阿久悠作品集」に収録されているピンク・レディーの「ペッパー警部」など20曲を熱唱した。

 このアルバムは、島倉千代子さんの「人生いろいろ」や昨年のNHK紅白歌合戦でも歌った美空ひばりさんの「人生一路」といった昭和の名曲に加え、阿久さんが作詞した八代亜紀の「舟唄」のカバーなどで構成されている。さらに阿久さんの未発表作品である新曲2曲を収録している。

 その2曲のうち、市川がステージでも歌ったのが「年の瀬あじさい心中」という楽曲だ。レコード会社関係者は「阿久先生の作品を管理する会社から、この曲は市川さんに歌ってもらいたいと見込まれた作品」と明かす。

 ただ、この曲は「希望がないのなら 私が一緒に死んであげてもいい」で始まる「非常に重い世界観の歌」(同)。そんな楽曲を市川は見事なまでに歌いこなしている。

 音楽関係者は「ひと口に25年といっても、いろいろなことがあった。休業した時期もある。そんなつらい思いを乗り越えた市川だからこそ歌える曲だし、歌ってもらいたい曲と託されたのかもしれません」と指摘した。

 市川は「25周年に歌手としてやっていけているのが奇跡に近くて、夢のよう」としみじみ語ったが、そのメモリアルイヤーに出合った「年の瀬あじさい心中」にも注目が集まりそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ競輪祭】小倉競輪場で20日開幕!
注目選手のインタビュー、推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート「SGチャレンジカップ」「GⅡレディースチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!