• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 山本彩 卒コンで大田夢莉らとキス「今日、めっちゃチューするやん、私」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山本彩 卒コンで大田夢莉らとキス「今日、めっちゃチューするやん、私」


卒業コンサートを行った山本彩

 アイドルグループ「NMB48」のキャプテン・山本彩(25)が27日、大阪・吹田市の万博記念公園で卒業コンサート「SAYAKA SONIC~さやか、ささやか、さよなら、さやか~」を開催した。

 公演が始まると、後方のステージに山本が登場。150メートル超の“花道”を歩き「初めての星」でスタートを切った。“雨女”として知られるが「心配だった雨も上がりました。皆さんの応援のおかげです」とニッコリ。卒業シングル「僕だって泣いちゃうよ」などアンコールを含む全36曲を歌い上げ、駆けつけた約3万人のファンを魅了した。

 公演には山本と同期の渡辺美優紀(25)、百花(21=木下百花から改名)など1期生メンバーらも集結。渡辺は「僕はいない」を熱唱した後のMCで「彩ちゃん、お疲れさま。彩ちゃんとこうしてステージに立つと思ってなかったので、個人的にはうれしかったです」と語った。

 一方、百花が出演した「プライオリティー」では、山本と百花が恋人役の太田夢莉(18)を奪い合い、山本が太田にキス。女性ファンを中心に悲鳴ともつかない声が上がり、大いに盛り上がった。百花は山本にキスしたかったらしく、アンコールで再び登壇した際に「さやねぇ、好きだよ」と山本にキス。山本は「今日、めっちゃチューするやん、私」と笑った。

 あいさつに立った山本は、NMB48での8年間を「一日一日が色濃くて、夢中で走り続けていたら8年がたっていました」と回顧。音楽を仕事にしたいと思いながらも挫折を経験し、一度はその夢を諦めたが「もう一度、歌うことを許してくれたのがNMB48でした。だから8年間、NMB48に全てをささげてきました」と振り返り、こう続けた。

「楽しいことだけじゃなくて、つぶれそうになることもあった。今日まで頑張ってこれたのもメンバー、スタッフ、そして、何よりも、私を支えて励ましてくれたファンの皆さんのおかげです。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。皆さんにはこれからも人生をかけて恩返しさせてください。NMB48に入って本当に良かった。メンバーの道しるべとなれるようにこれからも頑張っていきます。これからもNMB48、山本彩を末永くよろしくお願いいたします」

 最後は「青春のラップタイム」をメンバー全員で歌い、締めくくった。山本は11月4日にNMB48劇場で卒業公演を行い、グループを卒業する。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!