• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > “ホストの帝王”愛田社長死去


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“ホストの帝王”愛田社長死去


死去した愛田武社長

 裸一貫から夜の世界で財を成し、新宿・歌舞伎町に日本最大のホストグループ「クラブ愛」を作り上げた“ホストの帝王”こと愛田武さん(本名・榎本武、元愛田観光社長)が25日午前3時すぎ、都内近郊の病院で息を引き取った。78歳だった。

 クラブ愛は豪華絢爛な“夜の城”として評判となり、店には連日、長蛇の列ができる歌舞伎町の名所となった。城咲仁(41)などの人気者も輩出し、愛田元社長はホストブームの仕掛け人としてメディアに引っ張りだこの億万長者として名をはせた。

 店には有名芸能人も多数来店してにぎわい、その豪放磊落な生きざまはドラマや映画化された。また、ホスト文化の健全化に尽力し、ホストクラブ協力会初代会長を務め、歌舞伎町の顔役として知られた。一方、大の艶福家で次々に子供が名乗り出るなど、家庭ではトラブルに見舞われた。

 親しみやすい人柄と強力なリーダーシップで数百人の個性豊かな猛者たちをまとめ上げたが、大食漢で酒好きだったため、3度も脳梗塞をわずらって引退。そこに一族の覇権争いが勃発し、子供が次々に自殺。自身は都内近郊の老人ホームに追いやられて孤独な日々を過ごしていた。

 軽い認知症のような症状を示していたが、1か月半前に体調に異変が生じて入院。心臓にペースメーカーを埋め込み、胃ろうの処置を施した。

 親族によると「食べるとむせるようになり、食事も取れずに衰弱していたが、胃ろうにして顔色が良くなり、先週は言葉が出るようになった。ただ、ひどい貧血で原因が分からなかったので、今週にも詳しい検査を予定していた。快方に向かっているとばかり思っていたので残念。食べることが好きだった人なので、楽しみがなくなって嫌だったのかもしれない」という。

 喪主、通夜、葬儀とも未定で、社葬にする可能性もあるという。本紙にも何度も登場し、ユニークなコメントで楽しませてくれただけに、心からご冥福をお祈りしたい。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!