• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 細川たかし、藤あや子が被災地にエール「歌で笑顔に」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

細川たかし、藤あや子が被災地にエール「歌で笑顔に」


細川たかしら22組の出演者が復興を願った

「第18回 虹の架け橋まごころ募金コンサート」(主催・一般社団法人日本音楽事業者協会)が18日、東京・渋谷のNHKホールで行われた。

 このコンサートは2001年に発生した三宅島大噴火による被害に対する支援をきっかけとしてスタート。「音楽を通して被災地のみなさまを元気づけ励まそう」というのがコンセプトだ。今年も北海道胆振東部地震、西日本豪雨など各地で災害が発生した。被災地の一日も早い復興を願い、今回は22組の出演者が「歌」と「音楽」を届けることになった。

 開演前の囲み取材では、細川たかし(68)が「全国で被害があった。私は北海道が地元。歌で明るく元気になってほしいです」と意気込みを示せば、藤あや子(57)も「被災地の一日も早い復興、そして一つでも笑顔が増えるように歌いたいと思います」と力を込めた。

 司会を務めたのは徳光和夫(77)と藤原紀香(47)。徳光は「音楽は世界を結ぶ友情のリボンと言いますが、まさに今回は世代も超えると思う。出演者の年齢差は63歳。この幅広さが音楽の素晴らしさです」。藤原も「地方のおじいちゃん、おばあちゃんから『楽しみにしている』という声を聞く。歌手のみなさんのエネルギーを伝えたい」と話した。

 コンサートの模様は11月4日、午後7時30分からNHKBSプレミアムで放送。コンサートの売り上げの一部は、北海道をはじめ、災害に見舞われた各地に復興支援として寄付される。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!