• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 開幕から大盛り上がりの麻雀「Mリーグ」 黒沢プロが明かした萩原聖人のガチ素顔

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開幕から大盛り上がりの麻雀「Mリーグ」 黒沢プロが明かした萩原聖人のガチ素顔


当初萩原が怖かったという黒沢咲プロ

 麻雀プロリーグ「Mリーグ」が開幕して2週間近くがたち、大きな盛り上がりを見せている。俳優・萩原聖人(47=TEAM RAIDEN/雷電)の参戦が大きな注目ポイントとなっているが、チームメートの美人雀士・黒沢咲プロがその萩原の“素顔”を明かした。

 1日に開幕したMリーグは、10日に都内でパブリックビューイング(PV)を開催。今後、月に2回のペースでPVイベントを行っていく予定で、すでに10月分のチケットは完売している。

 またMリーグを生中継しているインターネット放送「AbemaTV」の麻雀チャンネルも、関係者によれば視聴者は150%増だという。

 参戦している麻雀プロも、Mリーグの広がりを実感している。

 黒沢プロは「麻雀のイメージや認知度が上がっていることが一番うれしいです。今まで私の職業に、まったく興味がなかった方からも声を掛けられるようになりました。通っているマッサージ店の人からも色紙が欲しいと頼まれました。そういう変化を感じます」。

 黒沢プロは、7月にMリーグ参戦のためプロ資格を取った萩原、瀬戸熊直樹プロと同じチーム。昔から萩原のことを知っている黒沢プロは「萩原さんはすごく麻雀に熱心で、最初は怖くて怖くてしようがなかった。あまり人に怒られたことがなかったので、半泣きになりました」とポツリ。

 Mリーグが開幕してからも、対局後に萩原に打ち筋についてガチで怒られることもあったという。

 最近は萩原が不調なこともあり、あまり怒られることはなくなったというが、萩原の麻雀にかける思いは十分に伝わっている。黒沢プロは「最近はもっと言ってほしいと思うようになりました。チームの絆みたいなものはどんどん強くなっています。同志みたいに感じています」。

 萩原がチームメートに怒るのも、本気で初代Mリーグ王者の座を狙っているからだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!