• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 高橋祐也被告の保釈から初の公の場 三田佳子がにじませた苦しい胸中

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高橋祐也被告の保釈から初の公の場 三田佳子がにじませた苦しい胸中


三田(中央)は高橋被告をどう更生させるのか

 女優の三田佳子(77)が11日、京都市で開幕した「京都国際映画祭2018」(14日まで)のイベントに出席した。

 同映画祭のアンバサダーを務める三田は、西本願寺・南能舞台で行われたオープニングセレモニーに着物姿で登場。覚醒剤取締法違反(使用)の罪で4度目の逮捕後に起訴された次男・高橋祐也被告(38)が保釈されて初めて公の場となった。

 三田はあいさつした際「清濁併せのんで人生というものはつくられていくと私は身をもってつくづく思うんですが、今日はここに上がらせていただいて、清らかに落ち着いた気持ちにさせていただいています」と、まるで今回の事件をにおわせる発言。

 続けて「今後、女優三田佳子としてやっていけるかもしれないなと思います。こんな席でこんな事言うのもいけませんけれども…」と苦しい胸のうちをにじませた。

 その後、よしもと祇園花月に場所を移し、映画「遠き落日」の舞台あいさつに登壇。三田は1992年に公開された同映画で、野口英世の母・シカを演じており「勉強することも全くあり得ないような立場にいたお母さんが、世界の博士をつくるというところが素晴らしい」と、子を思う母親の愛情について熱弁を振るった。

 退場の際、報道陣から高橋被告について質問が飛ぶと、三田は「ごめんなさい」と口元を動かし3度頭を下げて会場を後にした。

「周囲からは『もう突き放した方がいい』とアドバイスを送られているそうです。三田自身『親としては、もう力及ばずの心境』とコメントしていますが、疑わしいですね。懲罰的に保釈させない選択肢もあったわけですし」とはテレビ関係者。

 過去3度過ちを繰り返しながら、それでも多額のお小遣いを渡していただけに「今さら毅然とできるかどうか」と同関係者もサジを投げていた!?

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIII滝澤正光杯in松戸】松戸競輪場で13日開幕!
注目選手インタビュー、記者の推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!