• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 島谷ひとみがダチョウ倶楽部と広島のカキをPR「ぜひ訪れて」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

島谷ひとみがダチョウ倶楽部と広島のカキをPR「ぜひ訪れて」


左から寺門、肥後、上島、島谷

 お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」(寺門ジモン=55、肥後克広=55、上島竜兵=57)が10日、都内で行われた「牡蠣ング オブ・ザ・イヤー2018発表会」に出席した。

 会場にはアツアツのカキおでんが用意され、肥後がネタをつまみ、ジモンが上島を押さえつけるという“伝統芸”が展開された。上島は「シラタキはダメ!」などとわざとらしく嫌がったが、最後は「うまい! カキおでん最高!」と絶賛。安定の面白さで笑いを誘った。

 余興が終わったところで、女性部門は実家がカキ養殖業の歌手・島谷ひとみ(38=呉市出身)が受賞。カープレッドのワンピースで登場した島谷は「カキ屋に生まれて良かった。親戚が喜んでくれる。芸能界では私が一番カキに詳しいと思う」と喜んだ。

 島谷は親戚が被災。「ようやくケガをしたおばさんがリハビリを始めたところ。全国の皆さんのおかげで、速いスピードで復興が始まっているが、広島県に観光に来ていただくことが一番復興に役立つ。ぜひ、皆さんも訪れてほしい」と呼びかけた。

 同イベントはカキ生産量全国1位の“牡蠣ングダム”広島県の発展に貢献した人を表彰するもの。広島県では「カンパイ!広島県!牡蠣ングダム」をスローガンに、広島市内の横丁を飲み歩く「広島はしご牡蠣」を実施中。

 7月の西日本豪雨の影響で、順調に伸びていた観光客数が前年の6〜7割に低迷する広島県では、風評被害の改善に向けて、新プロジェクト「顔出しんさい!広島県」を開始。県内の観光地にオリジナルの顔出しパネルを多数設置して“インスタ映え”効果を狙う。

 湯崎英彦知事(53)は「県には2つの世界遺産と、海から山まで多種多様な観光資源がある。それらを利用したオリジナルパネルを用意したい。また、全国区で活躍する漫画家もたくさんいらっしゃるので、ご協力を仰ぎながら進めたい」とコメント。

 東大卒のイケメン知事として有名だが、実際にパネルに顔を入れるも入りきらず四苦八苦。「穴が小さい。俺の顔が長いということが判明した」とジョークで笑わせた。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!