• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 東京五輪経費3兆円規模に増大恐れに溝口紀子氏「搾取というか詐欺」立川志らくも批判

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京五輪経費3兆円規模に増大恐れに溝口紀子氏「搾取というか詐欺」立川志らくも批判


立川志らく

 2020年東京五輪・パラリンピックに関連する経費が昨年度までにすでに8000億円を支出し、今後総額3兆円規模に膨らむ恐れがあることが分かった。5日放送のTBS系「ひるおび!」では新たに浮上したこの問題を取り上げた。
 
「世界一コンパクトな五輪に」の理念を掲げ、招致時には総額7340億円と見積もられた東京五輪の経費は実際には4倍を超える試算となった。

 番組に生出演した柔道バルセロナ五輪銀メダルの溝口紀子氏(47)は「これじゃ、搾取というか詐欺というか、聞いてたのと違う」と怒りをにじませ、五輪を危惧。

「お金を使われてそれが私たちの税金で、しかも特別会計か何かでチェックがあいまいな中で借金になっていく。東京五輪の後、これ、返していかないといけない。五輪に水は差したくないんですけど、回収できるのかなって不安に思っちゃう」と語った。

 一方、八代英輝弁護士(53)は「招致の時、小さめに国民に言っておいて『最終的に膨らんでしまいました』ってなるのは多少はやむを得ないところありますけど、兆の単位でそれが増えるっていうのは国民の理解が得られない。削る努力を不断にやっていただきたい」と主張した。

 落語家の立川志らく(55)も「最初から多めに言っておけばよかった。減った感じがして『あぁ、本当にコスト下げて一生懸命やっている』って思えるけど、これは結局、悪印象になる。やり方がまずい」と辛らつだった。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!