• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 高田延彦 元貴乃花親方への格闘家オファーを否定

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高田延彦 元貴乃花親方への格闘家オファーを否定


新商品の発表会イベントに登場した稲村亜美(左)、高田延彦

 元プロレスラーでタレントの高田延彦(56)、“神スイング”で知られるタレントの稲村亜美(22)、美人書道家の安田舞(30)が3日、都内で行われた「IZUMI 2018Vシェーバー新製品発表会」(泉精器製作所主催)に出席した。

 製品をイメージした和装で登場した高田は「見方によっちゃ相撲の親方みたいでしょ」と笑みを浮かべた。イベントでは安田がライブ書道パフォーマンスを行い、「極 剛」としたためた。

 まさにその字のごとく相撲道を極めた元貴乃花親方(46)が先日、日本相撲協会に引退届を提出し、角界を去った。2002年に現役を引退しながらも、いまだに「RIZIN」統括本部長として戦いの場に身を置き、さらには柔術修行も始めるなど、生涯をかけて格闘技と向き合い続けている高田は、この事態をどうとらえるのか。おりしも先日行われた「RIZIN.13」には元幕内大砂嵐(26=エジプト)が出場し、“野獣”ボブ・サップ(45)と対戦している。

 高田は「とにかく残念で仕方ない。あれだけの功績を残した平成の大横綱。まして弟子の人数(8人)の割に3、4人関取を輩出する指導力、カリスマ性もある。親方が自ら身を引かざるを得ない状況とはいったい何なのか。その背景に何があるのか。誰も止めることができなかったのか。そこに、もしかしたら我々には見えない“相撲界の闇”があるのかなという疑念がある。明確な理由が表に出て、今後二度とこういうことがないようにしてほしいし、できることならもう一度、大相撲の世界に戻ってもらいたい」と、元貴乃花親方の復帰を心から願った。

 はたして、行き場をなくしたようにも見える貴乃花親方に、高田が手を差し伸べる考えはあるのか。本紙が尋ねると「答えは聞かなくても分かっているでしょう。そういう考え(格闘技転身)を持たれた方ではない。相撲は彼の人生そのもの。そういう選択肢(勧誘)は我々にもない」ときっぱり否定した。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ競輪祭】小倉競輪場で20日開幕!
注目選手のインタビュー、推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート「SGチャレンジカップ」「GⅡレディースチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!