• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 母・寺島まゆみが絶賛した行平あい佳の“妖艶”演技

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

母・寺島まゆみが絶賛した行平あい佳の“妖艶”演技


寺島まゆみ(左)と行平あい佳

 女優・行平あい佳(27)と、行平の母で日活ロマンポルノ女優の寺島まゆみ(57)、城定秀夫監督(43)が14日、東京・千代田区の角川試写室で行われた映画「私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください」(29日公開)の「母娘シークレットトークナイト」に出席した。

 同映画はあの壇蜜を世に出した作品の続編。行平は早稲田大学教育学部で平家物語を研究していた才女で、本紙インタビューには「やるからには壇蜜さんを超えなくてはいけない」と力強く宣言。将来を期待されている若手女優の一人だ。

 行平は赤のドレスとヒール、母・寺島は白のレースワンピースにヒールと母娘で「紅」「白」と鮮やかな装いでファンを魅了。

 寺島は“ロマンポルノ界の聖子ちゃん”とアイドル的人気を博し、2年半で15本の作品に出演し、歌手としても活動した。

 寺島は娘の演技に対し「すごく映画的に面白かったのひと言で『やられた!』と思いました。娘が城定監督の映画に参加できて良かった。素晴らしいです」と絶賛。

 行平は映画出演について、あまり母・寺島に相談することはなかったそうだ。「オーディション受ける、ぐらいは言ったかな。終わって、初号試写に行ってから、すべてが明らかになったって感じですね」と行平。寺島は「もう大人なんでね」と母娘の距離感を明かす。

「日常会話で『日活ロマンポルノのような作品に出たい』と話してはいたんです。でも、役作りとかは相談してないかな。撮影に関しては城定組にすべて委ねていたので、むしろ『早く現場に行きたい』という感じでした」(行平)

 2人で映画撮影現場についての考え方を話し合ったことはないそうだが、「実は考え方は一緒だった」(行平)ことが驚きだったという。寺島は「現場が好きなんですね。大道具さんが仕事している様子を見たりとか」と明かす。

 寺島の出演映画「ピンクカット」も行平は「実は見ています」とのことで、寺島は「えっ、見てるの?」と少し恥ずかしそうだった。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!