• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 日本映画の賞レースに異変 予想外の「メジャー対インディーズ」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本映画の賞レースに異変 予想外の「メジャー対インディーズ」


 今年の日本映画界の賞レースが「メジャー対インディーズ」という予想外の展開となっている。

 日本映画界といえば、5月に「第71回 カンヌ国際映画祭」のコンペティション部門で最高賞の「パルムドール」に輝いた、是枝裕和監督(56)の「万引き家族」が話題を独占していた。

「日本人による21年ぶりのパルムドール獲得で、審査委員長のオスカー女優のケイト・ブランシェットも、安藤サクラの演技を大絶賛。“世界のコレエダ”の誕生に、久しぶりに日本映画界に光が差しましたね」と映画関係者は話す。

 興行収入も40億円を突破する大ヒットとなった。

「日本映画はアニメしかヒットしないのが実情なので、邦画実写でこれだけヒットするのはすごいことだと思いますよ」(同関係者)

 王道中の王道を歩むメジャー映画の「万引き家族」が賞レースも独走するかと思われたが、最近、意外な“伏兵”が登場した。この夏、映画ファンの話題をさらっている「カメラを止めるな!」(上田慎一郎監督)だ。

 出演役者は全員無名、製作費は300万円で、当初の公開館数はわずか2館というインディーズ作品だった。だが、圧倒的な面白さが口コミで伝わり、あっという間に全国で公開されるまでになった。

「最終的な興行収入は5億から10億円まで見込まれています。複雑かつ絶妙な話の作り込みで『口で説明するより、見たら一発で面白さがわかる』という謎に包まれた展開も味方し、爆発的に広がりました」(前同)

 別の映画関係者は「はっきり言えば、大手の映画会社はショックでしょう。宣伝費も掛けていないインディーズ作品がこれだけ世の中に受け入れられたわけですから」と指摘。映画界にとっても「カメ止め」の出現は大きなショックだった。果たしてこの“2強”に割って入る作品は現れるか。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!