• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 安藤政信 出演映画の舞台あいさつで役名忘れる

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安藤政信 出演映画の舞台あいさつで役名忘れる


舞台あいさつを行う安藤政信

 俳優の安藤政信(43)が7日、千葉・TOHOシネマズららぽーと船橋で行われた映画「きらきら眼鏡」(森沢明夫原作、犬童一利監督)の初日舞台あいさつにダブル主演を務めた俳優の金井浩人(26)と演技派女優の池脇千鶴(36)、女優の片山萌美(27)、古畑星夏(22)らと登壇した。

 森沢氏は船橋出身・在住で、原作は同地を舞台に書かれ、ロケも行った。

 片山は「初日の現場はとても暑い日だった。そんな中、船橋のエキストラの皆さんが何百人も集まってくださった。もう感謝しかない。それにお弁当もおいしかった」と語り、安藤に「食べました?」と尋ねた。

 すると、安藤は「あれ? 映画見ましたか。僕は病気の役で食べられなかった。食っときゃ良かった」とすねてしまった。

 この日の安藤は心ここにあらず。「え~と、自分の役名ちょっと忘れちゃって。ここ最近忙しくて、役を渡り歩いてるんで。どういう話だっけ、これ。寝てなくて。この後もロケで俺待ちという連絡が来たんで、なんならここでセリフ言いましょうか」と苦笑しきり。

 続けて「役者って芝居で(持っている力を)出し続けているとすさんでくる。クソッていう感じに。でも、共演者がいい演技を見せてくれた時、くもりがとれるというか、いい影響を受ける」と心中を吐露した。

 そんな安藤に、主役の金井は「昨晩、撮影楽しかったなと振り返っていたが、最近、安藤さんはこんな感じなので調子が狂う」と冗談交じりにクレームをつけた。

 また、同性に絶大な人気のモデルでもある古畑は「監督はロングでカメラを回すので、誰かが間違えたら終わりというプレッシャーがあった。それがいかにも映画を撮っているという感じがして楽しかった。皆が熱量を注ぎ込むパワフルな現場だった」と撮影を振り返った。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIII滝澤正光杯in松戸】松戸競輪場で13日開幕!
注目選手インタビュー、記者の推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!