• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > ついに復活・SKE48松井珠理奈を支える須田&指原の強力タッグ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに復活・SKE48松井珠理奈を支える須田&指原の強力タッグ


珠理奈が帰ってきた!(C)AKS

 体調不良のため療養していたSKE48の松井珠理奈(21)が6日、名古屋市内のSKE48劇場で行われた「チームS公演」に登場し、復帰のあいさつを行った。名古屋のエースの帰還にファンは大喜びだが、珠理奈がフル回転できる状態になるにはまだ時間がかかる見通し。完全復活に向け、関係者がバックアップ態勢を整える中、今、最も売れているあのアイドル2人も珠理奈を支えるためタッグを組んだという――。

「わたくし松井珠理奈はたくさん、たくさんお休みをいただきまして本当にすみませんでした。みなさんが心配して待っていてくれたり、メンバーも“お帰り”と迎えてくれて本当にうれしくて、そのパワーが励みになりました」。SKE劇場のステージに登場した珠理奈がファンに感謝の言葉を述べると、客席からは地鳴りのような珠理奈コールが湧き起こった。

 約2か月半ぶりに復帰した珠理奈は7日の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に出演し、自身がセンターを務めるAKB48の53枚目シングル「センチメンタルトレイン」を選抜メンバーとともに披露した。テレビへの生出演が解禁されたことは復帰に向けての大きな一歩だが、完全復活にはもう少し時間がかかると見られている。「15、16日に行われるSKEのコンサートに、珠理奈が出演できるかはまだ決まっていない状況」(48グループ関係者)だからだ。

 6月16日に行われたAKB48世界選抜総選挙の直前には過度のプレッシャーからか直前の数日間、一睡もできず、総選挙開票前のコンサートでは途中で倒れて一時退場。総選挙翌日に行われた握手会でも普通に歩くことができなかった。

 心身ともに疲弊しきっていただけに2か月以上に及んだ療養期間中は外部との接触も完全にシャットアウト。珠理奈に面会できたのは限られた数人の関係者だけだった。

 総選挙の女王の座を射止め満を持して「センチメンタル――」のMVのセンターに据えられるはずが、撮影時点で復帰はできず、前代未聞のCGや絵コンテで登場したのは記憶に新しい。7月に発売されたSKEの新曲のPR活動にも携われなかった。当然ながらファン、メンバーやスタッフの中には困惑する者も続出した。

「新曲をPRしなければならない時期に、顔となるセンターが不在だったのは大きな痛手。他のメンバーがイベントなどに登場しても、珠理奈の体調などに話題が集中してしまった。それに、メンバー、スタッフは状況が何も分からないために、ファンが知りたい“珠理奈の今”に答えることもできなかった。ファンの中には、『大事な時に何をしていたんだ!』などと厳しい声を向ける者も出てくると思います。いわゆる“アンチ”との戦いが待ち受けるかもしれない」(出版関係者)

 それだけにSKEではスタッフ、メンバーが一丸となってこれからエース復活の後押しをしていくつもりだ。

 珠理奈不在の間、グループの中心となって支えてきた須田亜香里(26)は「SKEが選抜総選挙で1位2位という夢のような結果を明日ようやく噛み締めて届けられることが本当に嬉しい」と喜びの声をSNS上にアップした。

 実は須田は8月中旬に気になる動きを見せている。「ずっとゆっくり喋りたい!と思っていたお方と念願のご飯」とツイッターでHKT48の指原莉乃(25)と2人きりで食事をしていたことを報告していた。同じ48グループではあるものの、それまであまり接点のなかった2人が会食したのは珠理奈の復帰をにらんでのものではないかと関係者の間で話題となっていた。

「2人の間で珠理奈の話題が出たのは間違いないでしょう。一部週刊誌で珠理奈と指原の確執の噂が報じられたことがあったが、事実は違って指原は珠理奈のことをすごく心配している。当然、復帰後のサポートについても話しているはずですよ」(テレビ局関係者)。

 元女王の指原と今年の総選挙で2位に躍進した須田の2人がバックアップしてくれれば珠理奈にとってもこれほど心強いものはないはずだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!