• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 吉澤ひとみ容疑者・飲酒ひき逃げ逮捕の代償 交通刑務所→芸能界追放も

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉澤ひとみ容疑者・飲酒ひき逃げ逮捕の代償 交通刑務所→芸能界追放も


神妙な表情でうつむき、警察車両に促される吉澤容疑者(一部画像処理)

 交通刑務所行きも――。東京・東中野の路上で、酒気帯び運転をしてひき逃げをしたなどとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の疑いで警視庁中野署に6日逮捕された、モーニング娘。の元メンバーでタレントの吉澤ひとみ容疑者(33)が7日朝、原宿署から送検された。飲酒のうえ、救護義務を果たさずに逃走したこと、1年前にも交通事故を起こしていることなどから厳罰は必至。交通刑務所への収監→芸能界追放は避けられそうもない。

 吉澤容疑者は6日午前7時ごろ、東京都中野区東中野2丁目の路上で、乗用車を酒気帯び状態で運転。赤信号を無視し、自転車に乗っていた20代女性をはねた疑いが持たれている。この自転車が倒れたことで、近くを歩いていた40代男性にもけがを負わせたが、そのまま現場を離れ、約15分後に自ら110番し、現場に戻った。

 警察官が事情聴取と呼気検査を行ったところ、基準値を上回るアルコールが検出された。飲酒の有無を含め、アルコール摂取の詳細は明らかになっていない。現場を離れた理由について吉澤容疑者は「周囲に車が多く、停止できなかった」と話しているという。

 登校中にひき逃げを目撃した女子中学生は「白の大きな車が40キロくらいのスピードで赤信号を無視し、交差点に入った。自転車に乗った女性が2~3メートルほど車の進行方向に吹き飛ばされたのに、そのまま車は逃げたので驚いた。女性は顔に擦り傷を負っていた」とその模様を語る。

 吉澤容疑者は6日午前9時30分から、練馬区内で行われたPRイベントに出演予定だった。出演した元モーニング娘。の保田圭は「欠席の理由はわかりません」と困惑していたが、夕方になって同容疑者の逮捕で理由は判明した。

 実は、吉澤容疑者は打ち合わせなどのため、事故を起こした時刻にこのイベント会場入りする予定だった。すでに遅刻という状況で、慌てて車をイベント会場に走らせていた可能性が高い。酒気帯び運転に信号無視、揚げ句にひき逃げ――いったいどんな罰が待ち受けているのか。警視庁元刑事で犯罪心理学者の北芝健氏はこうみている。

「これからの厳しい取り調べでは、運転する直前まで吉澤容疑者が飲酒していた場所にも捜査員が向かう。ひき逃げはきわめて悪質で、警察側の心証は悪くなる。酒気帯び運転ということで殺意はなく、過失傷害なので、刑務所に1年未満の収監となるでしょう」

 死亡事故でないとはいえ、交通刑務所行きを指摘されるほど許しがたい犯罪行為というわけだ。

 吉澤は2007年、当時16歳だった弟を交通事故で亡くしている。自転車に乗っていて乗用車と衝突した。16年には埼玉県警東入間署で一日署長を務め、「最近は自転車での交通事故が特に増えているそうです」とブログに書いた。にもかかわらず、酒気帯びで自転車運転者をひき逃げでは、学習能力が疑われる。

 所属事務所は書面で、全ての事実関係を確認中であることをマスコミ各社に伝え「このような事態となりましたことは誠に遺憾であり、この度の件でご迷惑をおかけしている全ての皆様に所属事務所として心よりお詫び申し上げます」と謝罪。今後については「詳細が分かり次第、厳正に対処してまいります」としている。

 北芝氏の見立て通り、刑務所収監となれば「解雇はもちろん、芸能界追放は避けられない」(事務所関係者)。

 もともと吉澤容疑者の車好きは有名で、休日はカーショップに通い、愛車をカスタマイズするのが趣味だった。一方で運転テクニックについては「乱暴なところもある」との声が周囲からは上がっていた。飲酒も大好きでかなりの酒豪だった。

 現在モーニング娘。は生誕20周年記念ということで、様々な企画をファンに向けて行っている最中。同容疑者もつい先月には、2度の喫煙問題で事務所を解雇されたタレントの加護亜依や現役メンバーと共演を果たしたばかりだった。元メンバーとはいえ、モー娘から初の逮捕者が出てしまったことで、OG、現役メンバーの顔にも大きな泥を塗ってしまった。

「実刑を免れようと『ママタレとしての芸能活動がつらかった』などと、言い訳を並べてくるだろうが、昨年にも交通事故を起こし今回で2回目。一般人なら、普通に刑務所に入れられる。今後の芸能活動はパーでしょうね」と北芝氏は話している。

【ノンスタ井上はタクシー当て逃げ】ひき逃げで最近、思い出されるのは2017年2月に発覚したお笑いコンビ「NON STYLE」の井上裕介(38)のタクシー当て逃げ事件。16年12月、車を運転中にタクシーを追い越そうとして接触し、タクシー運転手が負傷したにもかかわらず、そのまま走り去ったとして自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)容疑で書類送検された。不起訴処分となったが、井上は芸能活動を3か月半自粛した。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!