• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 川平慈英のアニメナレーションに賛否両論 ハマリ役かクセ強すぎか

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川平慈英のアニメナレーションに賛否両論 ハマリ役かクセ強すぎか


川平慈英

 7月4日に放送を開始したアニメ「中間管理録トネガワ」(日本テレビ系、火曜25時59分)が、妙な理由で話題だ。サッカー中継MCなどでおなじみの川平慈英(55)のあの独特なナレーションに、賛否両論の議論が巻き起こっている。

 同アニメは大人気マンガ「賭博黙示録カイジ」のスピンオフで、カイジの前に立ちはだかった帝愛グループ最高幹部の利根川幸雄を主人公とした漫画が原作。“悪魔的余興”を欲する会長と部下たちとの間で苦悩する中間管理職の悲哀を描く。

 もともと「カイジ」には多くのファンがおり、「トネガワ」のアニメ化にも大きな期待がかかっていたが、初回放送の直後にネット上で川平のナレーションに対し「うるさい」や「クセ強すぎ」などと批判が殺到した。

「アニメ版の『カイジ』では、『世界の果てまでイッテQ!』でもおなじみの立木文彦さんがシリアスなナレーションを務めた。一方、『トネガワ』では対照的に、川平さんがサッカー中継のMCさながらのギャグっぽさ満載のナレーションをしている。あまりのギャップに、受け入れられなかったファンは多かったようです」(アニメ出版関係者)

 とはいえ、「カイジ」が息詰まるギャンブルシーンの連続だったのに対し、「トネガワ」は中間管理職の悲哀を面白おかしく描いた作品。中立な目で見ているアニメ出版関係者たちからは、川平を「ハマり役」と絶賛する声が聞かれる。

「周りのアニメ関係者からは、総じて川平さんのナレーションは面白い場面をより面白く見させてくれると評価が高いです。ファンは作品の雰囲気が変わる大きな変化を嫌う傾向がありますが、徐々に慣れて楽しめるようになると思いますよ」(同前)

「トネガワ」は声優陣に主役級が勢揃いするばかりか、オープニング曲を「ゲスの極み乙女。」、エンディング曲を竹原ピストルが担当するなど、番組全体のクオリティーの高さは疑いのないところ。あとは川平のナレーションに対するファンの評価だけだが、果たして一変させることはできるか。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】脇本雄太がまくってGⅡ初優勝!
世界レベルのスピードを発揮した脇本雄太がGⅡ初優勝を飾った。

【戸田SGクラシック】吉川元浩が2度目のSG制覇
吉川が2007年の福岡「グランプリ」以来となるSG戴冠を果たした。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!