• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 登美丘高ダンス部が史上初の連覇 テリー伊藤氏「去年以上のパフォーマンス」と称賛

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登美丘高ダンス部が史上初の連覇 テリー伊藤氏「去年以上のパフォーマンス」と称賛


2連覇を果たした大阪府立登美丘高等学校を表彰するテリー伊藤氏

 高校ダンス部日本一を決める「DANCE CLUB CHAMPIONSHIP 第6回全国高等学校ダンス部選手権」が14日、千葉・舞浜アンフィシアターで行われ、バブリーダンスで一世を風靡した大阪府立登美丘高等学校が史上初の連覇を果たした。

 ピコ太郎のプロデュースで知られる古坂大魔王(45)と審査員を務めたテレビプロデューサーのテリー伊藤氏(68)は「分かりやすい音楽で、ともすれば企画のにおいがした。皆さんの前で見せたいという思いが強く、去年以上のパフォーマンスを見せて、高校ダンスの歴史を刻んだ。誇りを持って今後も頑張ってもらいたい」と快挙をたたえた。

 また、全力で決勝を戦った36校を「皆さんがここに来るまでどれだけ努力したか。泣いたことも、コンディションの悪いときも頑張って、今日よくこのステージで素晴らしいダンスを披露してくれた。胸に誇りを持って地元に帰ってほしい」とねぎらった。

 今回、バブリーダンスならぬ色男ダンスで思い切り格好をつけて踊った登美丘高キャプテン・古橋野々さん(17=3年)は「連覇という大きな目標が達成できて感謝しかない。予選でうまく踊れなかったことがバネになり、一つになれた。去年の作品は話題になったのでプレッシャーがあったが、それに打ち勝てたので本当にうれしい」と喜びを爆発させた。

 夏休みは朝9時から夕方5時まで踊りっぱなし。厳しい練習を積み、快挙を成し遂げた。ちなみに、前キャプテンの伊原六花(19)は芸能界に羽ばたいたが、今年は芸能界志望のメンバーはいないという。

 準優勝は大阪府立久米田高等学校、3位は三重高等学校、chiyoda賞は山村国際高等学校(埼玉)、TOKYO HEADLINE賞は東京都立狛江高等学校、読売中高生新聞賞は三重高等学校、ダンスチャンネル賞は武南高等学校(埼玉)、avex賞は広尾学園高等学校(東京)、古坂大魔王賞は三重高等学校。また、イベントにはダンス・ボーカルユニット「Da―iCE」も出演した。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【向日町GⅢ平安賞】稲垣裕之の目に涙 これが「平安賞」だ!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

艇界きってのアスリート女子・倉持莉々とプロクライマー・大場美和が登場

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!