• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 山P 主演映画大ヒットも喜べない“石原さとみロス”


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山P 主演映画大ヒットも喜べない“石原さとみロス”


カリスマIT社長の前田裕二氏との交際が伝えられている石原さとみ

 未練がましいというか女々しいというか…。主演映画「劇場版コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―」が7月27日の公開から3週連続で動員数1位と絶好調なジャニーズタレントの山下智久(33)が、悔しくて夜も眠れないほど落ち込んでいるという。原因は、元カノ石原さとみ(31)の新しい恋。そもそも破局の原因は自らの浮気だったのに、なぜじだんだを踏んでいるのか?

「ミッション:インポッシブル」や「オーシャンズ8」など並み居る強豪を退けて大ヒットを続けている「劇場版コード・ブルー」。ある制作会社関係者は「最終的な興行収入は100億円を超えるのではとみられているほどの大ヒット作です。製作に名を連ねるフジテレビにとっては、近年では『踊る大捜査線』『海猿』に代わるシリーズ物のヒット映画を出したくてしょうがなかったですからね。これで、長期シリーズ化は確定したも同然でしょう」。

 一時はテレビやラジオのレギュラーもなくなり「干されているのでは」とささやかれていた山下だが「若手タレントがどんどんドラマやバラエティーに推されていき、ジャニーズ内の世代交代も指摘されていますが、そんな中でのこのヒットは山下のジャニーズ内での立場を安泰にさせるでしょうね」と同関係者。

 こうした状況から当の本人はご機嫌のはずなのに、実はそうでもないという。

「元カノの石原さとみですよ。IT企業『SHOWROOM』の創業者・前田裕二氏との結婚が近いという話を聞くにつけじだんだを踏んで悔しがっているんです。石原と前田の話が耳に入ってくるたびに、どんどん機嫌が悪くなるんです」と明かすのは事情通。

 別れた女性の動向をそこまで気にするのは、ドラマや映画もビックリの超ベタすぎる“横取りラブストーリー”が存在したからだ。

「そもそも石原に前田氏を紹介したのは元カレだった山下だと言われているんです。1年くらい前の話ですが、当時は山下と石原が熱烈交際中だった。もともと山下の周りには起業家の仲間も多く、そのつながりもあって、前田氏とも知り合ったというんです。もともと前田氏は誰に対しても腰が低い。しかも、山下と同じマンションに住んでいて、よく顔を合わせる仲だった。やがてホームパーティーにも行く関係になったそうです。その席で山下が石原を前田氏に紹介したとか」(同事情通)

 ところが今年2月、山下と石原は破局してしまうのだ。原因は山下の浮気だった。

「ひと回りも年下のモデルNikiとハワイ旅行に行っていたことを一部の女性誌に報じられたんです。浮気はしたけど、山下の本命はNikiではなく、あくまで石原だった。傷ついた石原の相談相手になったのが前田氏なんです。前田氏はどんなに忙しくても石原のもとに駆けつけてくれた。そんなこともあって熱愛に発展したんです」(同事情通)

 浮気のせいで、本命彼女を自分の紹介したとされる青年実業家に奪われるなんて…。ベタすぎてドラマの脚本にもならない!?

「山下もまさかこんな展開になるとは、夢にも思わなかったようです。だから『誰がNikiとのハワイ旅行を女性誌にリークしたんだ?』って犯人捜しに躍起になっていたそうです。確かにあまりにタイミングがよすぎましたから、疑心暗鬼になるのも仕方ないかもしれませんけどね」(同事情通)

 逃した魚は大きかった!なんて言葉では言い表せないほど、山下にはつらい日々が続いているようだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!