• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > ユージ「JOYじゃねーよ!」からついに脱却 売れっ子に躍進のワケ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユージ「JOYじゃねーよ!」からついに脱却 売れっ子に躍進のワケ


かつて、JOYとよく間違えられていたユージ

 ハーフタレントのユージ(30)が10日、都内で行われた民泊等の仲介サービス会社・Airbnb(エアビーアンドビー)「おもてなし自由研究キット」の完成発表会に出席した。

 今回の自由研究キットは、ホスト家族の子供が海外からのゲストを迎える際の“おもてなし”をテーマにしたもので、英語のフレーズなどを学べる。監修を担当したユージは「東京五輪、その前の年にはラグビーW杯もある。世界の人と触れ合えるチャンス。おもてなしの心を学んでほしい」と話した。

 1男2女のパパであるユージは、2016年度に史上最年少で、ベストファーザー賞を受賞。海外でも活躍できる人材に育てようと、中学3年生の長男の英語をペラペラにさせるなど“手腕”を発揮している。

 ただ女の子は勝手が違うようで「4歳と3歳の女の子が2人いるけど、長女は『パパがイヤ!』が始まってきた。注意したりすると『パパなんてイヤだ!』『新しいパパがいい!』と。新しいパパに心から生まれ変わりたい」と苦笑した。

 そんなユージは、親交が深いハーフタレントのJOY(33)と見た目やキャラクターがソックリ。「JOYじゃねーよ!」というツッコミが定番ネタにもなっている。

「先にJOYがブレークしたため、当初はユージが『JOYさんですよね?』と間違われていた。しかし14年に結婚し、子供にも恵まれたことでイクメンタレントとして好感度が急上昇。ベストファーザー賞も追い風になり、いまや多くのレギュラー番組を抱えている。昨年はハワイに家族旅行に行く時間があったようですが、今夏は仕事でスケジュールが埋まっている」(テレビ局関係者)

 最近では、「JOYがユージに間違われることが増えてきている」(同)という。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅠオールスター競輪】脇本雄太 悲願のGⅠ初優勝!
脇本雄太が14回目のGⅠ決勝で悲願の初タイトルを手にした!

【連載コラム】小島よしおの履歴書
「そんなの関係ねぇ!」で一世を風靡した小島よしおが「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白する!(全15回)

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はまるがめボートSG「メモリアル」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!