• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 寺島進 事務所退社報告で恩師・たけしから「十分義理は果たした」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寺島進 事務所退社報告で恩師・たけしから「十分義理は果たした」


寺島進(左)とアル北郷

 俳優の寺島進(54)が5日、東京・上野公園で行われた「江戸まち たいとう芸楽祭」のオープニングにスペシャルゲストとして登壇した。

 寺島といえば、北野武(71)作品の常連で、「オフィス北野」の看板俳優としても知られる。しかし、3月に起きたたけしの独立騒動で同事務所が新体制となり、マネジメント業務が滞ったため、12月から「ジャパン・ミュージックエンターテインメント」に移籍することが決まった。

 たけしに11月末で所属事務所「オフィス北野」を退社すると報告した際の様子について触れ「あいさつに行った時『寺島は十分、義理は果たしたからな。この次(の映画)はかっこいい役を用意しているから。もう台本も書いたから』と、お土産話まで頂いた」と明かした。

 約30年の長い付き合いになるたけしについては「無名の時から自分を使ってくれて、育ての親であり、恩師であり、オレの親分」と語った。

 かつてたけしに名前ではなく“あんちゃん”と呼ばれていたころ「オマエは粘り勝ちだな。役者っていうのは引退がない。死ぬ間際に天下取ったらそれでいい」と言われ、「役者、やり続けていいんだな」とその言葉に励まされたという。

「江戸まち たいとう芸楽祭」は、たけしが実行委員会名誉顧問を務める。この日は、たけしがメガホンを取り、寺島も出演した映画「HANA―BI」(1998年公開)の野外上映が行われるとあって、ゲストトークでは作品に関する秘話も飛び出した。

「HANA―BI」は「第54回ベネチア国際映画祭」でグランプリとなる金獅子賞を受賞したが、寺島は「自腹で、単身で監督より早く現地入りし、レッドカーペットまで歩いた」と笑った。受賞後は、たけしが用意した特大シャンパンで乾杯したそうで「ぬるかったが、銀座で飲むドンペリよりうまかった。あの味が忘れられない」と振り返った。

 イベントには元たけしの付き人で、たけしの全てを知り尽くすという、お笑い芸人・アル北郷(46)も参加した。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!