• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > SKE・松井珠理奈の復活Xデーは 発売日に間に合わず? 新曲にソロパートなし

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SKE・松井珠理奈の復活Xデーは 発売日に間に合わず? 新曲にソロパートなし


体調不良で療養中の松井珠理奈

 6月に名古屋で行われた「第10回AKB48世界選抜総選挙」で2~16位にランクインしたメンバーが2日、神奈川・横浜アリーナでコンサートを開催した。本来は1位に輝いたSKE・松井珠理奈(21)が“主役”として参加するはずだったが、体調不良で療養中のため不参加に。いまだ復帰のめどが立たない珠理奈の復活Xデーはいつになるのか――。

 オープニングでは、珠理奈がセンターを務める最新シングル曲「センチメンタルトレイン」(9月19日発売)が披露されたが、珠理奈のセンターポジションを空けたまま、2位のSKE・須田亜香里(26)、3位のHKT・宮脇咲良(20)ら選抜メンバー15人が歌唱した。

 その後のMCで、須田は「残念ながら、松井珠理奈さんは出ることができませんでしたが、みんなで48グループの勢いを感じてもらえるようなコンサートにしたい!」と会場を埋めた1万人のファンに誓った。

 珠理奈は6月の開票イベント後、体調不良で長期休養しており「現在も復帰のめどは立っていない」(AKB関係者)。新曲のレコーディングもできていない状態だ。

 関係各所でさまざまな想定がなされ、すでに発売日までに復帰できない可能性も考慮し、新曲には珠理奈がソロで歌唱するパートを作ってはいない。まさにギリギリの調整が続いている。

 当然ながらファンからは心配する声が続出しているが、“復活デー”について、事情に詳しい関係者はこう明かす。

「珠理奈は自分のことよりも『どうしたらSKE48のことをもっと知ってもらえるか?』と常々思案していた。そんな姿を知っているからこそ、SKEのメンバー、スタッフから批判的な声が出ていないし、みんな本当に心配している。10月5日にSKEは記念すべき劇場デビュー10周年を迎える。10周年イヤーにこだわりを持っていただけに、どんなに遅くともそこまでに戻ってきてくれると思いますが…」(前同)

 その一方で、関係者の中には早期復帰について「焦る必要はない」という声も根強くある。

 珠理奈はかつて“W松井”として共にSKEをけん引した松井玲奈(27)が卒業した際など、たびたび精神的に不安定になることがあったという。

「悪い記事を書かれると、通りすがりの人たちが週刊誌の記者に見えるようで、『怖い!』と外出恐怖症になってしまうこともありました。ただ、これまではしばらく休んで、体調を取り戻してきたのも事実ですから。今は無理して復帰を焦ることなく、ゆっくりと静養してもらえたらと思います」(前同)

 10月5日までは、まだ2か月ある。それまで休めば、新女王が完全復活する姿が見られるか。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!