• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 渡辺麻友が告白「笑顔より闇深いタイプ」真の姿を主演ドラマで生かす

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

渡辺麻友が告白「笑顔より闇深いタイプ」真の姿を主演ドラマで生かす


渡辺麻友(左)と堀井新太

 元AKB48の女優・渡辺麻友(24)が30日、都内で行われたフジテレビ系主演ドラマ「いつかこの雨がやむ日まで」(8月4日スタート、土曜午後11時40分)の制作発表会見に出席した。

 昨年末にグループを卒業後、今回がドラマ初出演にして初主演。15年前に起きた殺人事件を巡るサスペンスで、殺人犯の妹のミュージカル劇団員を演じる。

 重い役柄について「本来はそっち寄りというか…。笑顔よりどちらかというと闇深いタイプなので、本来の闇の部分を生かせたかな」と苦笑いした。

“闇の部分”を突っ込まれると「内面的なこと、考えることとか…全部は言えないですよ!」と焦って笑いを誘いつつ「基本、落ち込んでいるというか、ドラマの撮影でも自分の演技に満足がいかないので『下手くそだな』って、毎シーン終わるたびにへこんだり」と告白。さらに「家でも『クソー』とたまに叫んだりしていますね、人間なので」と素の一面を明かした。

 アイドル時代は清純派のイメージが強かったが、劇中ではキャバクラでアルバイトするシーンも。「最初は慣れないことだったので、変な緊張感だったけど」と戸惑いつつも「12歳でこの世界(芸能界)に入ったので、今まで私の人生でキャバクラでバイトする経験はしてこなかった。すごく新しい体験で、新しい引き出しが増えたかな」と自信を見せた。

 また、実際のキャバクラ店での撮影を振り返り「置いてあるものとか空気感がそういうお店の雰囲気なので、リアリティーがあって、新しい世界を知りました」と楽しんだ様子だ。

 卒業から8か月がたち、女優としての手応えを聞かれると「まだまだ全然です。たくさん修業していかなきゃと日々痛感している。この作品で、この役柄を頂けて、いろんな場面があって、いろんな感情や表情とか出せる役なので、いい経験になっている。卒業後初のドラマでこういう役を頂けてよかった」と前向きに語った。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!