• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 「けものフレンズ」でブレーク!尾崎由香“声優界ナンバーワン美女”に「恥ずかしい」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「けものフレンズ」でブレーク!尾崎由香“声優界ナンバーワン美女”に「恥ずかしい」


“声優界ナンバーワン美女”と言われる尾崎由香

 社会現象にもなったアニメ「けものフレンズ」でメインキャラクターのサーバル役を演じた人気声優・尾崎由香(25)が「LET’S GO JUMP☆」で8月1日にソロ歌手デビューする。“声優界ナンバーワン美女”との呼び声も高い尾崎を本紙が直撃! 大ブレークを果たしたいまの心境から、今後の夢などを赤裸々に明かした――。

 ――ソロデビューは夢だった

 尾崎:歌うことはすごく好きだったので、いつかソロで歌えたらいいなと思っていて。まさかこんなに早くソロデビューできるとは思ってなかったので、すごくうれしかったです。夏を感じさせる、すごく爽快感のある曲になっています。

 ――ミュージックビデオ(MV)は沖縄で撮影

 尾崎:沖縄は大好きでプライベートでもよく訪れていたので、うれしかったです。踊りがちょっと苦手で…砂浜で1人で踊るシーンはシュールでしたね(苦笑)。振り付けの先生にも「ダンスは苦手です」と伝えてたので、コンセプトは“ポンコツ”(笑い)。でも、“ポンコツかわいい”ダンスになっています。

 ――社会現象にもなった「けものフレンズ」のサーバル(ネコ科生物)役としてブレーク。周囲の変化は

 尾崎:すごく変わったことは本当になくて。生活で変わったことがあるなら、毎日お仕事をさせていただけることしかない。普通のOLさんと変わらない生活です。ただ、ツイッターのフォロワーとかファンの方が増えたことは感じさせていただいています。最初のころは6000人くらいだったけど、1年くらいで10万人くらいになった。それだけ見てくれる方が増えたことは、すごくうれしいことでもありますね。

 ――さまざまな雑誌の表紙を飾るなど露出も増えた

 尾崎:コンビニに自分の顔があるっていうのが、ちょっと変な感じはしつつ…。でも、自分で雑誌を買ったりもして(笑い)。ちょっと恥ずかしかったりしましたけど、久しぶりの友達から「声優さんやってるんだって?」と連絡が来たり、反響を感じられてうれしかったです。

 ――2015年から声優活動を開始しましたが、小学3年から子役として活動していた。もともと“声”を生かした仕事をしたかった

 尾崎:いや、まったくなくて。声に自信がなくて「声が小さい」ともよく言われて。声のお仕事をすることはないかなと思っていたんですけど、いろんな縁や兄がアニメ好きということもあって声優の道に。本当にここ最近ですね、自信が付いたのは。やっぱり「けものフレンズ」でたくさんの方が私の声を聴いてくださって「元気をもらえます」とか、声援をいただいてから、声優になって良かったなって。

 ――「声優界で今最も注目を浴びる美女」「声優界ナンバーワン美女」などと、さまざまな形容詞が付いている

 尾崎:そうやって書かれているのは見るんですけど、あんまり実感はなくて(苦笑)。ありがたいことですけど、恥ずかしいような面もありつつ…。ただ、ファンの方に「書いてあったよ」と教えていただけるので、もっと頑張らなきゃなって思います!

【けものフレンズ」とは】巨大動物園を舞台に、動物から人間の姿へと変身したフレンズたちが大冒険を繰り広げる物語。昨年1~3月までテレビ東京などでアニメが放映されると、一大ブームに。「Yahoo!検索大賞2017」のアニメ部門を受賞、「新語・流行語大賞」にもノミネートされた。関連グッズも大ヒットし、ゲーム、コミック、舞台などさまざまなプロジェクトも進行中。

☆おざき・ゆか=1993年5月15日生まれ、東京都出身。小学3年から舞台やテレビを中心に子役として活動。2015年4月から声優活動を開始。17年に放送されたテレビアニメ「けものフレンズ」のサーバル役でブレーク。多数のアニメ番組、音楽番組に出演している。趣味は映画鑑賞と山登り。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅠオールスター競輪】脇本雄太 悲願のGⅠ初優勝!
脇本雄太が14回目のGⅠ決勝で悲願の初タイトルを手にした!

【連載コラム】小島よしおの履歴書
「そんなの関係ねぇ!」で一世を風靡した小島よしおが「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白する!(全15回)

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はまるがめボートSG「メモリアル」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!