• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > ジャニーズ「西麻布禁酒令」だけじゃない!? リーダー城島は“銀座断ち”


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャニーズ「西麻布禁酒令」だけじゃない!? リーダー城島は“銀座断ち”


 元TOKIOの山口達也(46)、NEWS小山慶一郎(34)、加藤シゲアキ(31)、さらに手越祐也(30)と所属タレントたちの飲酒をめぐるトラブルが相次ぎ、ジャニーズ事務所が東京・西麻布での飲酒を禁止したとの情報は本紙既報だが、TOKIOメンバーの自粛ぶりも話題になっている。

「松岡昌宏は庶民的な居酒屋で飲むのと、大のサウナ好きで知られ、六本木などのサウナによくいるのが目撃されていたのですが、山口の事件以降は自粛しているのか、常連だったサウナからも姿を消したそうですよ」(テレビ局関係者)

 長瀬智也も仕事関係者たちと、よく食事に出かけていたが「山口の事件が起きてからはテレビ局スタッフらとの会食も減らしているといいます」(前同)

 今までと全く違う生活となったのはリーダーの城島茂だという。

「城島は大のお酒好きで知られたが、山口が事務所を退社するほどの事件を引き起こし、リーダーとしての責任感もあり、外で酒を飲むことを控えているそうです」(クラブ関係者)

 城島は六本木、銀座と、山口の事件が発覚する前まで、夜な夜な飲み歩く姿が目撃されていた。

「山口に負けず劣らず、大量の酒を飲んでいた。ここ1年ぐらいは飲みすぎて手が震えるぐらいで、周囲はかなり心配していた。一度、飲み始めたら、夜が明けるぐらいまで飲み続け、千鳥足で帰宅することもよくありました」(同)

 城島の自粛の背景として、こんな情報もささやかれている。

「城島が、山口を厳しく追及できなかったのは、城島自身が大の酒好きで、自分に矛先が向くのを恐れたからといわれた。謝罪会見でも、自分の飲酒の質問が出るのではないかとヒヤヒヤするあまり、山口へ厳しい発言ができなかったのではとささやかれています」(前同)

 大好きな酒が外で飲めなくなったリーダーはかわいそうな気もするが…。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!