• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 桂歌丸さんの葬儀記念品の転売ヤー 西城秀樹さんのときも出品で“またか”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

桂歌丸さんの葬儀記念品の転売ヤー 西城秀樹さんのときも出品で“またか”


 慢性閉塞性肺疾患のため2日に亡くなった落語家の桂歌丸さん(享年81)の告別式で配布された記念品がオークションサイトで転売されていることが13日、わかった。相次ぐ有名人の葬儀に群がる“記念品転売ヤー”はなくならない。

 告別式は11日に横浜市の妙蓮寺で執り行われた。笑点メンバーの林家木久扇ら関係者やファンら約2500人が故人をしのんで参列した。「寺の外にまで人があふれて、歌丸さんが愛されていたことが改めてわかりました」(弔問客)

 そんな葬儀に泥を塗るような恥ずべき行為が明らかに。弔問客に配られた歌丸さんのサイン入りポストカードがヤフオクなどのオークションサイトで転売されているのだ。多くは告別式翌日の12日から開始。入札件数は60弱まで上がり、残り時間1分で6021円になっていた。

 この記念品は落語芸術協会が作成したものだった。協会の担当者は「事務所で保管されていたサインを、亡くなった後にポストカードにしたもの。ちょうど告別式の日に刷り上って、弔問客の方に会葬礼状と一緒にお配りさせていただきました」と説明する。転売については「残念。ちょっと悲しいです」とさびしそうに語るのだった。

 歌丸さんの記念品を出品していた者のヤフオクでのこれまでの「評価」を見てみると、あることがわかった。5月に亡くなった歌手の西城秀樹さん(享年63)の葬儀の記念品も出品していたのだ。「この出品者は、告別式のポストカードを高値で売り、全国から叩かれた人です」として最低評価を付けられていた。

 本紙は西城さんや大杉漣さんの葬儀で配布された記念品を転売していた人物を直撃していたが、彼らは浅ましい行為を止める気はないらしい。弔問客は「元手ゼロで稼げるのかもしれないが、人の死を利用して稼ぐ金で何を買うんだ。恥を知ってほしい」と怒りを見せていた。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!