• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > スマホで見ても受信料徴収される!?NHKの狙いに視聴者の反発必至か

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホで見ても受信料徴収される!?NHKの狙いに視聴者の反発必至か


NHK

 このままでは国民の経済的負担増は避けられない。総務省の有識者検討会は13日、NHKがテレビ番組を放送と同時にインターネットで配信する常時同時配信に「妥当性がある」とした報告書案をまとめた。NHKは来年中にも配信を始める考えだ。

 NHKはスマホやパソコンに視聴アプリをインストールした段階での課金を想定しており、すでにテレビの受信料を払っている世帯には追加負担をしない方針。この同時配信の狙いは、テレビを持たない世帯から受信料を徴収するためだ。

 葛飾区議で「NHKから国民を守る党」代表の立花孝志氏は「無料でやってもらうなら誰も文句を言わない。NHKがお金を取ろうとしているのがバレバレだからみんな怒ってるんだ」と指摘する。

 NHKと子会社では受信料着服など不祥事が相次ぎ、これでスマホからも受信料を取ることになれば視聴者からの反発は必至。それでも強引に推し進めていくのは、高給取りのNHK局員の生活水準の維持が理由だ。

 立花氏は「メディアとしてのテレビは衰退して、あと20年持たない。でも、NHKは玄関をピンポンして金を取る仕組みを続けていきたい。平成が終わるのにいまだに集金してるっておかしいでしょ。NHKは局員の給料を減らさないし、国民の心を理解しようと思ってない。国民はなんとかして止めよう」と訴える。

 来年7月の参院選が終わってから常時同時放送の動きが加速するとみられる。「国民の理解を得られないことなので、与野党も参院選までは慎重。選挙が終わってから手のひら返しで推し進めていくだろう。しかし、これは国民の生活にかかわること。憲法改正と同じく、この問題も国民投票の対象にするべきだ」(立花氏)。NHKは身を切る改革をしないまま焼け太りするのか。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!