• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > “うんこ絵本”出版のコロッケ「うんこ漢字ドリル」便乗を否定

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“うんこ絵本”出版のコロッケ「うんこ漢字ドリル」便乗を否定


出版会見を開いたコロッケ

 ものまね界の大御所・コロッケ(58)が13日、発案・プロデュースした絵本「ありがとうんぴ」(8月発売予定)の出版会見を都内で開いた。

「うんぴ」とは、コロッケが“うんこ”をかわいく表現したもの。周りの人やモノ、さらには自分の排せつ物にも「ありがとう」と感謝の気持ちを大切に、というのが絵本のテーマだ。

 うんこといえば、昨年3月に発売され大ヒットした「うんこ漢字ドリル」がある。それに便乗したのかと思いきや、「その前から構想はあった」という。

 コロッケは4~5年前、熊本の母校・白山小学校の全校生徒を相手に、前出の「ありがとう」をテーマにした講演を行った。そうした「僕自身の精神の中で訴えていきたいこと」を何か形にしたいと思っていたところ、出版サイドから絵本作りの話が来たという。

「(うんこ漢字ドリルが)出た瞬間には“アッ!”って思ったんですね、正直。でも“方向は間違ってないんだ”っていうふうに、僕は頭の中で思いまして」と本人。出版サイドは「構想1年半」と、「うんこ漢字ドリル」よりも前だとしている。

「知ってる限り、うんこに『ありがとう』って言う文献はない」(コロッケ)のに加え、この“世界初”の絵本は、スマホやタブレットをかざすとコロッケの多彩な声色で読み聞かせできるAR技術を導入。また裏表紙をかざすとコロッケ独自のSNSにつながり、最低この先3年間は「テレビではどうかな?というネタ、でもひそかに見ると楽しいネタ」を配信していくそうだ。

「新ネタをやる恐れはありますよ(笑い)。時代に合わせて自分も変わっていかないと…。自慢できる一冊に仕上がってると思います」とコロッケは胸を張った。目標売り上げを聞かれると「乃木坂(46の写真集)超えれたらうれしいですね。超えれるわけねえだろ(笑い)」と自虐的だったが…。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!