• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 稲垣、草なぎ、香取パラ特別親善大使任命で「開会式を満員に」の夢に大きく前進


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

稲垣、草なぎ、香取パラ特別親善大使任命で「開会式を満員に」の夢に大きく前進


(左から)稲垣、草なぎ、香取はアンドリュー会長(同5人目)からの仰天オファーを快諾した

 日本財団「パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーターを務める稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(44)、香取慎吾(41)が8日、都内で行われた「パラスポーツ応援チャリティーソング『雨あがりのステップ』寄付贈呈式」に出席した。その中で国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドリュー・パーソンズ会長から「国際パラリンピック委員会特別親善大使」に“サプライズオファー”される一幕があった。これには3人だけではなく関係者も仰天したが、パラスポーツの夢に大きく前進した格好だ。

 パラスポーツ普及のために尽力する3人にとっても予期せぬ展開だった。

 3人はチャリティーソング「雨あがりのステップ」で6月30日までデジタルダウンロードされた売り上げ(消費税を除いた231円)を全額寄付する支援活動を行い、その総額は2300万6214円、ダウンロード数は9万9594にも及んだ。2000万円超の寄付金に草なぎは「たくさんの寄付金が集まり、心より感謝いたします」と支援の大きさをかみしめた。

 寄付金は世界の子供たちのパラリンピック教育教材「アイムポッシブル」の普及や、国内の大会やイベントの観戦拡大のため、申請のあった各パラリンピック競技団体に使われる。パーソンズIPC会長も「ゴロウ、ツヨシ、シンゴ、心より感謝いたします」とそのチャリティー精神に謝辞を述べた。その直後、パーソンズ会長の口から驚きのオファーが飛び出した。「東京2020パラリンピック競技大会に向けての国際パラリンピック委員会特別親善大使」の就任要請だ。

 3人は驚き戸惑いながらもオファーを快諾。稲垣は「本当に驚いています」と話し、香取も「光栄です! いまの(パラスポーツへの)思いと変わらず、突き進みたいです!」と意気込みを表した。もっと慌てていたのは3人の所属事務所やパラサポ財団などの関係各所だった。

 こういう大きなオファーは普通であれば、事前調整があるのだが、今回のケースでは全くなかった。3人の所属事務所の飯島三智代表も「今日まで全く知らなかったんです」と本紙取材に話す。本当に本当のサプライズだったのだ。

 このIPC会長からのオファーは大きな意味を持つという。

「IPC会長からのオフィシャルなオファーですからね。3人の活動が世界的に認められたということで、ある意味で“世界公式サポーター”になったということです」(関係者)

 パーソンズ会長が認めたのは3人の影響力の大きさだった。式でも「10万人近くのファンが寄付をしてくれた。すごい影響力のあるアーティストですね」と賛辞を贈っていた。2020年東京パラリンピック大会を成功させるためには、3人の力が必要になるとパーソンズ会長も肌で実感したのだ。

 もちろん東京大会は、国や東京都などさまざまな組織が関わるだけに、パーソンズ会長の一存だけで決まることはないが、特別親善大使として、3人が活躍することになれば、開会式などのオフィシャルなセレモニーに出席することも十分に考えられるだろう。以前、香取がパラ関連で本紙インタビューに応じた際「開会式を満員にしたい」という夢を語っていたが、より近い場所で、夢に向かって仕事ができるチャンスを得たわけだ。

 式の最後には16年リオデジャネイロ・パラリンピックのボッチャ混合団体銀メダリスト杉村英孝(36)らと対戦して大興奮。香取は「楽しかったです。もう1試合やりたいです!」とボルテージは上がる一方だった。3人のチャリティー精神はパラスポーツ普及に確実に力となっている。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!