• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > AKB48岡部麟が涙 伝統のチームAキャプテンに「やっぱりプレッシャーで…」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AKB48岡部麟が涙 伝統のチームAキャプテンに「やっぱりプレッシャーで…」


涙を流す岡部麟(右)を励ます横山由依

 AKB48のチームAメンバー16人が12日、東京・秋葉原のAKB48劇場で新体制後初となるチームA公演「目撃者」の初日を迎えた。

 前日(11日)には報道陣向けにゲネプロを公開し、終演後にキャプテンの岡部麟(21)、横山由依(25)、小栗有以(16)、向井地美音(20)らが囲み取材に応じた。

 AKBが誕生した初期から存在したチームA。歴代キャプテンは卒業生の高橋みなみ(26)、篠田麻里子(32)、現48グループ総監督の横山由依が務めてきた。

 4代目キャプテンの岡部は「横山さんとか、みーおん(向井地)さんにいろいろ相談して、岡部チームA感をどう出せばいいのかを話し合った。昔の前田(敦子)さん、篠田さんもやっていた『目撃者』公演を引き継いで、チームAらしさを残せたら」と意気込んだ。

「どういうふうにチームをまとめていきたい?」と聞かれると「先輩のみゃお(宮崎美穂)さんとか、れなっち(加藤玲奈)さんとか横山さんもいらっしゃるので、甘えさせていただいてます。陰からというか、縁の下で支えるように、私は姿勢で引っ張っていけたらと思っています」。

 続けて「他のチームも同じことを思っていると思いますけど、チームAがAKB48を引っ張っていかなければならない。エース感、王道感の2つを大事にして第一線でやっていかないといけない。そういうチームでなくてはならないという意識を持っている」と決意を述べた。

 さらに「歴史もあるチームなので、最初はいろんなインタビューで『キャプテンとしてどう?』と聞かれて『大丈夫、大丈夫』と思ってたけど、やっぱりプレッシャーで…」と涙ながらに心境を告白。横山、向井地らから「大丈夫?」と声を掛けられると「すごいタイトなスケジュールの中で練習をしていて。私もできてなかったので、たくさん頑張らなきゃいけないんだなって…。チームAのキャプテンは大変だなと思いました」とキャプテンとして苦悩した日々を振り返った。

 そんな岡部にアドバイスを求められた横山は「チームAに対する麟ちゃんの理想は、みんな一人ひとりが個人の活躍もして、グループを一人ひとりが引っ張っていくことと思うので、個人の夢を追いつつ、やっていけたらいいなと思います」と笑顔で援護射撃した。

 さらに「大丈夫だよ!」と岡部に声を掛けると、熱いAKB愛を持っていることで有名な向井地も「みんなで支え合いながら、チームAとしてまとまっていきたい」と力を込めた。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ボートレースとこなめ】常滑市長杯 男女W優勝シリーズ
男子はダービー王・仲口博崇、女子は香川素子が優勝

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!