• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > NEWS小山 涙なし2分半の生謝罪を完全再現

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NEWS小山 涙なし2分半の生謝罪を完全再現


日本テレビの社屋

 一部で「未成年女性への飲酒強要」を報じられたジャニーズグループ「NEWS」の小山慶一郎(34)が7日夕、メインキャスターを務める報道生番組「news every.」(日本テレビ系)の冒頭で生謝罪するとともに活動自粛を発表した。

「番組の冒頭ですが、ここで小山キャスターから一部の週刊誌報道について視聴者の皆さまにご説明をさせていただきます」と藤井貴彦キャスター(46)から説明があり、画面に映った小山は相当緊張した様子。唇を震わせながらもしっかりした口調で、話し始めた。

「今日発売の一部週刊誌で、私が未成年の女性と飲酒していたとする記事が掲載されました。そして指摘された飲食の場に、当時19歳の女性が参加していたことが分かりました。私はこの女性から年齢を20歳と告げられていたため、未成年者であるとは知りませんでした。しかし、結果として未成年者がいる飲み会の席に参加し、飲むことをあおるような声を掛けてしまいました。こうした振る舞いは、報道番組としてさまざまなニュースをお伝えし、時には厳しい意見も述べてきた『news every.』のキャスターとして不適切であることは言うまでもありません。本当に申し訳ありませんでした」と、ここで数秒間、頭を下げ謝罪し、こう続けた。

「そこで私は、『news every.』の出演を当面お休みさせていただき、その期間、活動も自粛し、今回のことを反省し、自分をしっかりと見つめ直す時間にしたいと考えています。このたびは本当に申し訳ありませんでした」。小山はここでまた頭を深々と下げ画面から消え、すぐ横の藤井キャスターが強烈な叱咤激励をした。

「今回の件で、本人はこれからいくつもの後悔を抱えながら、反省の日々を過ごすことになると思います。同じ番組で仕事をする仲間ですから、背中を押すような言葉をかけてあげたい気持ちはありました。しかしこのようにテレビで、皆さまからのご批判を正面から受け止め、反省することが今最も大切だと理解している本人には、無意味な優しさなどはかえって不要なものだと感じています。隣にいるのに今言うことではないと思いますけれども、しっかりと反省をして自分を見つめ直してほしいと思います。そしてその先に見違えるほどの変化や成長を見せてもらいたい。それが私と私たちの切なる願いです」

 画面はここでズームアウトし、小山は慌てて頭をまた深々と下げ続けた。険しい表情で立つ藤井アナの横で、小山の後頭部と背中だけが映るというシュールな画面のままCM入りし、小山の2分半近い謝罪生中継は終了。カンペを読んでいたのは明らかだが、かむこともなく、涙も見せなかった。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIオールスター競輪】いわき平競輪場で15日に開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は桐生プレミアムGI「レディースチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!