• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 【SKE連載4】一色嶺奈「いじめ」「ブスばかり」全然違いました!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【SKE連載4】一色嶺奈「いじめ」「ブスばかり」全然違いました!


ランクインを目指す一色嶺奈

【ナゴヤドームのヒロインは君だ!(4)】SKEの若手枠で注目の1人が一色嶺奈(16)だ。13歳の時に第2回AKB48グループドラフト会議で2巡目指名されてから3年、今やチームSを代表するメンバーへと成長した。昨年の総選挙では速報で57位だったものの、本番では惜しくも圏外に。ナゴヤドームで目指すのは初のランクインだ。

 ——2015年5月の第2回AKB48グループドラフト会議でチームSに指名されてSKEに入った

 一色:神奈川に住んでた時はテレビでもAKBは見ることが多かったのですが、SKEを見る機会はそんなになくて、グループのことをよく知らなかったんです。けど入ってみて、いいグループだなと。ドラフトじゃなきゃ(SKEには)入ってなかったのでドラフトを受けてよかったかなと思います。

 ——ドラフト候補生のときにファンの人からSKEについてよくない噂を聞いたとか

 一色:私は第1希望がAKBで第2希望をSKEにしていたんです。握手会に来た人から「第2希望はどこなの?」って聞かれたので「SKEです」と答えたら「SKEはやめた方がいいよ」と言われて…。

 ——なぜ?

 一色:いじめがあるとか仲が悪いとか、ブスしかいないとかって言われました。その人はSKEのファンじゃないと思うんですけど、悪い話しかしなくて。

 ——その時はどう思った?

 一色:大丈夫かなって…。特にいじめというのを聞いて不安になりました。でも、その時はSKEから指名されるとも思っていなくて…。

 ——実際入ってみてどうだった

 一色:全然真逆でした。先輩もすごく気にかけてくれるし、困っていたらみんな積極的に教えてくれる。ブスしかいないというのも全く違いました。

 ——SKEに入ることになって神奈川から名古屋に引っ越した

 一色:中学のときに引っ越してきました。でもすぐに名古屋にも慣れて今では結構充実しています。学校もすぐに友達ができて楽しかったし、メンバーとも仲良くなれてよかったです。

 ——名古屋の生活で困ったことは

 一色:特にないんですけど最初は方言に慣れなかったですね。名古屋では「しんどい」「つらい」ことを「えらい」というじゃないですか。レッスンで体調が悪いとき、先生に「大丈夫? えらそうだよ」と言われたんですが、最初はえらそうの意味がわからなくて…。自分の態度がでかいのかなって思っちゃいました。

 ——SKEに入って3年が経過した

 一色:SKEに入ってからだいぶ人見知りが直って最近は自分から先輩に声を掛けられるようにもなりました。他のチームの人とはそんなに会う機会がないんですが、SKEは会うことの少ない違うチームの先輩でも「最近どう?」とか話しかけてくれる人が多いんです。大場美奈さんとか高塚夏生さん(4月で卒業)とか。同じチームだと犬塚あさなさんや山内鈴蘭さんが気にかけてくれて。自分は体が弱くて、すぐ体調が悪くなっちゃうので、みんなすごく心配してくれてありがたいです。

 ——昨年の総選挙では速報で57位だったが、最終結果ではランクインできなかった

 一色:去年の目標が速報ランクインだったんです。今年は本番で名前を呼ばれたい。今年は100位までがランクインじゃないですか。でも自分は今までの総選挙が80位までだったから80位以内に入れたらいいなと思っています。

 ——松井珠理奈、小畑優奈らとともに名古屋駅の地下街「エスカ」をPRする7人の選抜メンバーにも昨年選ばれた

 一色:だんだんそういうものにも選ばれるようになってきて、うれしかったです。カップリングのチーム曲でもチームSの3番手になったり、ラブ・クレッシェンド(松井珠理奈とSKE期待の若手で構成されるユニット)の新メンバーに選んでもらったり。そういったことが積み重なって、だんだん自信もついてきました。

 ——となると次の目標は

 一色:SKEの選抜メンバーですね。でも手応えはまだまだです。

 ——現在、チームSの選抜メンバーは松井珠理奈と北川綾巴しかいない。昨年の総選挙でランクインしたのもこの2人だけだった

 一色:だから今年は本番でも名前を呼ばれたいです。総選挙で名前を呼ばれるのは、それだけ自分のことをを大事にしてくれるファンの人がいるということ。愛されているということだと思います。握手会で「自慢の推しメンだよ」とか「仕事で疲れていたけど握手会にきて元気もらえた。まだまだ頑張れるよ」と言われるとアイドルとしての役目を果たせているのかなって思います。ナゴヤドームでスピーチをして、ファンの人にちゃんと感謝の気持ちを伝えたいです。

 ——もし今「SKEはいじめがあってブスばかり」と言っていた人に会ったら何と言う?

 一色:SKEのことをちゃんと知ってほしいです。私は名古屋に来て、SKEに入って本当によかったです!

【次回は北川愛乃が登場】

☆いっしき・れな=2002年2月15日生まれ。神奈川県出身。15年5月に行われた第2回AKB48グループドラフト会議でチームSから2巡目指名を受ける。チームS所属。ニックネームは、れなひゅー。

※6月14日(木)発行の中京スポーツ(中部地区で発売)では「総選挙直前SKE48特集」を1ページ掲載。一色嶺奈らインタビューメンバー14人の直筆サイン入りチェキプレゼントもあります。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!