• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 松井珠理奈 ミニスカ“悩殺”始球式はノーバンならず「気持ちは届いた」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松井珠理奈 ミニスカ“悩殺”始球式はノーバンならず「気持ちは届いた」


始球式を行った松井珠理奈

 今年から「中日ドラゴンズ応援大使」を務める人気アイドルグループ「SKE48」の松井珠理奈(21)が17日、中日—広島戦(ナゴヤドーム)で永谷園Presents「お茶漬けの日スペシャルマッチ」と銘打った始球式に登場した。

 同グループの日高優月(20)、竹内彩姫(18)を伴ってミニスカート姿でマウンドに上がった松井はノーワインドアップから脚を大胆に上げる“悩殺フォーム”で観客を魅了。しかし、投球はツーバウンドとなってしまったことで「中日の応援大使になって初めての始球式だったので、その応援のパワーとボールをしっかり届けようという気持ちがあったんですけど、あれ!?」と頭をかきながらも「ボールは届かなかったけど、気持ちは届いた思います」と笑顔を見せた。

 始球式前には珠理奈ファンを公言している小笠原慎之介投手(20)と初対面。松井は「そんな感じはしなかったですけど、実は会うのは初めて。趣味が同じプロレスなのでその話をしました」とプロレス話で盛り上がったという。

 今年のAKB48の53枚目シングルの選抜メンバーを決める第10回世界選抜総選挙が6月16日にナゴヤドームで開催されるとあって松井は「私の目標は“平成の怪物”になることです。SKE48が10周年で総選挙も10回目で、このナゴヤドームでできるのはすごくうれしいことだし、ありがたいこと」とコメント。さらに「平成の怪物」の元祖である中日・松坂にあやかって、昨年3位からの初の1位獲得を高らかに宣言した。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!