• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 日テレ水卜アナ「横山裕との結婚」視野に退社か 3月に3度目の申し出情報

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日テレ水卜アナ「横山裕との結婚」視野に退社か 3月に3度目の申し出情報


去就が注目される水トアナ

 元NHKの有働由美子アナウンサー(49)がフリー転身の際に行ったという「仰天宣言」を本紙は8日発行紙面で伝えたが、新たに日本テレビの水卜麻美アナ(31)の退社情報をキャッチした。「好きな女性アナウンサーランキング」5年連続1位で殿堂入りを果たした人気アナの独立話はこれまで何度も取り沙汰されてきたが、ついに日テレ上層部も引き留め工作を断念したという。“有働ショック”に続き“水卜ショック”は本当にあるのか――。

 日テレ関係者は最新情報として「上層部は、水卜アナが年内いっぱいで退社する方向で調整に入ったようです。アナウンス部もピリピリしていますね」と衝撃証言した。

 2017年度の平均視聴率3部門を制し、4年連続の3冠王。視聴率は絶好調の日テレが騒ぎになっているのは看板アナ、いや女子アナ界の至宝とさえいわれる水卜アナに、またしてもフリー転身話が持ち上がっているからだ。

「水卜の退社説が流れたのはこれで3度目。一昨年の春、昨年の秋、そして今年3月です。そのたびに幹部が、さまざまな懐柔策を用意して思いとどまるように説得してきたといわれます。ただ、今回ばかりはどうしようもないかも」(同)

 昨年発表された「第14回好きな女性アナウンサーランキング」(オリコン調べ)でV5に輝いた水卜アナは、元フジテレビの高島彩以来、史上2人目の殿堂入り。そんな人気アナに、日テレは20年東京五輪・パラリンピック放送のメイン司会を用意するなど、必死の引き留め工作を講じてきた(本紙既報)。これには水卜アナもさすがに迷ったようだが、大手芸能プロに入れば、他局で東京五輪メイン司会の夢がかなう可能性もある。

 いまでは日テレにも、諦めムードが漂い始めているという。

「さすがに3度目の申し出ともなると、日テレ側も『独立したがっている水卜アナを無理やり引き留めても仕方がない』という流れになっている」(芸能プロ関係者)

 局内の女子アナ事情に変化が起きている背景もありそうだ。

「視聴率は相変わらず絶好調だし、後輩の郡司恭子、岩本乃蒼などが育ってきている。さらに今年、入社した元乃木坂46の市來玲奈アナはホープとして上層部が注目。水卜アナが抜ける穴を後輩で埋めるプランが出ているんですよ」(制作関係者)

 それにしてもなぜ、このタイミングで水卜アナは退社を決断したのか。

「理由は複数あります。フリーになれば、年収の大幅増を見込めるのはもちろん、女子アナ定年説といわれる30歳の節目でもあるし、今が自身を最も高く評価してくれる“売り時”と考えた可能性もある。大きいのは『女子アナランキング』で殿堂入りし、局アナとしてはやり切ったことだけど、それ以上の最大の理由は、交際中とされる『関ジャニ∞』横山裕との結婚を視野に入れたといわれています」(事情通)

 お昼の情報番組「ヒルナンデス!」で共演していた水卜アナと横山は恋愛関係に発展。15年7月には、一部週刊誌で2人が仲良くボクシングジムで汗を流し、横山のマンションに通う水卜アナの姿が報じられた。

「その2年後に水卜アナは『ヒルナンデス!』を卒業し、朝の情報番組『スッキリ』に異動させられたが、これは2人の交際を快く思わないジャニーズ事務所の意向ともいわれた。水面下で交際が続いていたとなれば、そろそろ結婚を意識しても不思議ではない。ジャニーズタレントを多くの番組で起用する日テレとの関係を考えると、水卜アナがフリーになった後なら、ジャニーズも横山との結婚も認めそうですからね」(同)

 日テレを退社して横山とのゴールインとなるのか。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!