• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 山口達也「女子高生や制服好き」の証言続々

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山口達也「女子高生や制服好き」の証言続々


“余罪”報道まで出てきた山口

 女子高生への強制わいせつ事件で、ジャニーズ事務所から契約解除されたTOKIOの山口達也(46)の“余罪”や“異常性癖”が明らかになった。9日発売の「週刊文春」「週刊新潮」が揃って、2月の事件当日の状況などを詳報。本紙にも山口の“裏の顔”を物語る、女子高生や制服好きの証言が集まっている。これでは芸能界復帰はますます絶望的と言わざるを得ない。さらには事件によるテレビ番組、CMなどの賠償、違約金などで山口が資産ゼロになる可能性も指摘されている。

 被害者Aさんに、無理やり「キスをしてしまった」と先日の記者会見で説明していた山口。だが文春・新潮両誌は、キスだけでなく、顔を舐め回し、ソファに押し倒して衣服を脱がせようとしたと報じた。事実なら強姦未遂と判断されても仕方がない。さらに新潮によると、山口はAさんが友人Bさんを連れてきたことに激怒。「ヤレないんなら帰れよ!」などと罵声を浴びせていたという。文春は山口と“関係”を持ってしまったCさんの告白も掲載。Cさんは当時15歳というから、あきれるほかない。そんなロリコン的といえそうな女性の好みについて、山口をよく知る人物は本紙にこう証言する。

「彼は年上より年下好き。なかでも女子高生に異常な関心を示し、ファンの中に女子高生がいると歩み寄って『何歳? 若くていいねぇ~』と声を掛けることもあった。私服姿の女子高生ファンに『今度、学校の制服着て来てよ』と“おねだり”することもあったそうだ」

 文春では、本紙が事件発覚当時に初報した、山口と被害者の連絡先交換に関わっていたNHK番組関係者の存在も報じている。テレビ画面から伝わる好青年のイメージはこの事件で完全崩壊した形だが、山口は性格的にも難アリだったという。

「落ち着きがなくて、小刻みに震えている時がありました。会話してても、それまで笑顔で話していたのに、突然感じが悪くなることも。キレるポイントも意味不明でした」(別の関係者)

 女性との待ち合わせで、相手が山口の“脳内予測”より地味な服を選んで着てくると「なんだよ、それ!!」と、急に不機嫌になるという。今回の事件現場となった自宅マンションでAさんに言い放ったという前出の「ヤレないんなら帰れよ!」という自分本位な言葉と通じるものがありそうだ。

 ジャニーズから契約解除され、現在は東京郊外の病院に入院中といわれる。「アルコールの過剰摂取による体調不良を治療するため」と一部では報じられているが、実際は「肉体的なことよりも、心のケアが最優先。彼は大きな心の闇を抱えている」(テレビ関係者)。

 一方、治療を終えても山口には地獄が待っている。事務所を事実上解雇されたことで、さまざまな責任が山口に降りかかってくることになる。目もくらみそうな額の違約金地獄だ。

「テレビ局は毎度のことながらジャニーズ事務所に忖度し、山口が出演していた番組に対する違約金を一切、請求しない意向のようです。『ザ!鉄腕!DASH!!』など計3本を放送していた日テレは計1億円近い赤字額を計上するのにですよ。問題はCMでしょう」とはテレビ関係者。

 TOKIOとしてのCMは「スズキ」「ヤマト運輸」「フマキラー」「福島県」があったが、4件とも山口を除いた“素材”を新たに作ることになりそうだ。

「現在、山口を除く4人バージョンでの撮り直し作業が進んでいる。その場合、4人の出演料は当然、無料。制作費の請求が最終的に山口一人に行くための措置として、そうなる。違約金はもちろん、こうした再撮影やスポンサーに対するおわびなどを含めると、山口が背負う借金は約5億円はくだらないでしょう」(芸能プロ関係者)

 もっとも、1994年のデビュー以来、稼いできた山口は一昨年の離婚を経ても資産はあるという。

「山口は現在住んでいるマンション以外にも億ションを2部屋所有している。預金額も3億円以上ある。不動産を整理すれば、5億円くらいなら一括で支払える資産はあるでしょう。ただ、払った後、芸能界復帰も絶望的な今、どうやって生活していくのか」(山口に近い関係者)

 待ち受ける地獄に入院中のベッドで山口は何を思うか。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンはセネガルと引き分け1勝1分。次戦は28日にポーランドと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!