大江裕 パニック障害乗り越え北島三郎と共演

2013年01月25日 15時55分

 大御所歌手の北島三郎(76)と、北島ファミリーの歌手・大江裕(23)が24日、都内で「北島三郎特別公演」(3月東京・明治座、6月大阪・新歌舞伎座、11月福岡・博多座)の制作発表会見を行った。

 北島は「芝居『伊那の勘太郎』は親子の情愛や絆を題材にホロッとくるものにする。歌謡ショーの『まつり』で昨年は龍に乗ったが、私を龍神様のように拝むお客様もいらした。今年ははばたこうということで、羽根をつけた大掛かりなものにする。お客様に喜んでもらい、元気の出るショーにしたい」とコメント。

「自分の体は自分が一番よく知っている。プロだから皆様に心配をおかけするようになればやめる。でも今のところは声は衰えてないし、まだまだ歌える。終わりのないこの道を、あと何年歩けるかな。その日が来るまで、皆様に感謝しながらただひたすら歩いていく。悔いなく生きたい」と“生涯現役”を宣言した。