不惑の氷川きよし 複雑な結婚観「あせらない」一方で「親に孫を見せたい」

2017年09月28日 20時00分

ケーキを前に笑顔の氷川きよし

 演歌歌手の氷川きよし(40)が28日、東京・中野サンプラザで、恒例のファンクラブ(FC)限定コンサートを開いた。

 今月6日の誕生日で不惑を迎えた氷川が、結婚観を口にした。

「幸せの価値観が(他の人とは)違う」と切り出し「結婚が(必ずしも)幸せではなかったりもする」と持論を展開。「あせる必要はない。50、60(歳)で結婚されている方もいる」と語った。

 とはいえ、コンサートでおばさまファンから熱烈な声援を浴びた後、深夜に帰宅すると「ひとりぼっちでさびしい。正直」と思うことがあるという。「親を考えると孫を見せたい」との考えも、もちろんある。

 ちょっぴり複雑な心境を並べた後、「僕の幸せ論は(他の人とは)ちょっと違う」とまとめた。

 一方、17年連続出場中のNHK紅白歌合戦には「歌わせていただければ。(出場できれば)ファンの皆さまがお喜びになられると思う」と意欲を示した。

 2010年の初開催以来、8度目となる今回のFC限定コンサートでは、FC内でリクエスト曲を募り、その投票結果による氷川のシングルベスト10などをセットリストに組み込んだ。3月に発表され、15万枚超のロングヒットを記録しているシングル「男の絶唱」は、やはりリクエスト投票でも1位だった。

 この日は同曲をはじめ27曲を熱唱。同コンサートは28、29の両日の計3公演で計6600人を動員する。