市川由紀乃「笑顔で来年を迎えたい」2年連続紅白出場に意欲

2017年09月11日 20時00分

市川由紀乃

 昨年、NHK紅白歌合戦に初出場を果たした美人演歌歌手・市川由紀乃(41)が11日、東京・台東区の浅草公会堂でソロコンサート「唄女(うたいびと)」を開催し、新曲「はぐれ花」など全15曲を熱唱した。

 開演前に取材に応じた市川は「昨夜からかなりの興奮状態で今日を迎えた。尊敬する諸先輩方の曲を歌わせてもらったり、盛りだくさんの構成でいろんなコーナーがある。お客様に感謝の心を伝え、笑顔になって帰っていただきたい」と抱負を語った。

 紅白出場後、広く顔を知ってもらえるようになったといい「先日、普段着で渋谷を歩いていたらファンの方に声をかけられた。少し話し込んで、ファンクラブに入ってもらえることになった」と“紅白効果”を実感。「年末まで地に足をつけて歩いていきたい。一年を締めくくる日にうれし涙を流し、笑顔で来年を迎えたい」と連続出場を目指す。

 仕事が充実し、今年も全国を飛び回っている。一方で「40代に入り、子供がとてもかわいく見える。結婚して子供を授かりたいが、こればかりはご縁なので。これからはプライベートも充実させたい」と結婚への憧れを口にした。

 11月にはアルバム「唄女II~昭和歌謡コレクション」を発売。年末にはこの日の模様を収めたDVDもリリース予定だ。