大江裕 はるな愛に「200%オネエ」と断言され必死に否定

2016年11月08日 19時46分

大江裕(左)とはるな愛

 演歌歌手・大江裕(26)が8日、都内で新曲「御免なすって」の発売記念イベントを行った。会場には曲の振り付けを担当し、大江が「お姉ちゃん」と慕うタレントのはるな愛(44)も登場。“オネエ”疑惑のある大江に「200%オネエ」と断言した。

 新曲は師匠・北島三郎(80)が「男らしく生きなさい」とプロデュースし、作曲作詞まで手がけた。ところが、この日の発表会では、はるなが“オネエ診断”で大江の本性に迫った。

 好きな動物、食べ物、スイーツの質問を受けた大江は「ポメラニアン」「ペペロンチーノ」「ちんすこう」と答えた。最後には「爪を見せて」と言われ手を出すと、はるなから「200%オネエです!」と断言された。

 はるなによれば「オネエは全体的に丸いものや、ファンシーなものが好き」とのことで、ポメラニアン好きは「本当に多い」。さらに「ペペロンチーノ」と「ちんすこう」については「響きが好きというオネエは多い」という。「爪を見せて」の質問は爪の見せ方が焦点で、大江の見せ方は決定打だったようだ。

 この診断に大江は「やめて~ボクは違いますぅ~」と小指を立てながら否定してみせた。

 ただ、はるなが大江と一緒に温泉に入った際「普通、男の人はタオルを下半身にまくでしょ。でも、大江くんは、さらにこうやって隠すの」と上半身までタオルで隠していたことを暴露。「お風呂の入り方で大体分かるが、この入り方は二丁目のオネエ」と断定された大江は、大汗をかきながら「自分自身では認めてません」と最後まで抵抗してみせた。