「やついフェス」に小林幸子トリで出演

2015年06月10日 16時19分

「やついフェス」を発表するやついいちろう(前列右)

  お笑いコンビ「エレキコミック」のやついいちろう(40)が主催する「YATSUI FESTIVAL! 2015」(20、21日)の記者会見が10日、都内で行われた。

 

 今年で4年目となるフェスで、渋谷エリア10会場を連動させる都市型フェス。今年は2日間で260組のアーティストが出演する。

 

 J―POPだけでなく、お笑いや著名人によるトークなどジャンルを問わないフェスで、今年はやついの強い希望により「初めて演歌歌手に来てもらう」という。白羽の矢が立った演歌歌手が小林幸子(61)だ。

 

 やついは「今年は歌合戦のコーナーを作ろうと思ってて、そのトリを小林さんにやってもらいたい。歌合戦といえばやっぱり小林さんだし、トリで歌ってもらえば、ピリッとするんじゃないかと期待している」と話した。

 

 その紅白コーナーには漫画家でタレントの蛭子能収も登場予定。やついは「以前、映画で美輪明宏さんの『ヨイトマケの唄』を歌っているのを見たことがあって、それが美輪さんとは真逆のベクトルだった。それが面白くて、またやってもらおうかな」と盛り上げ役を期待した。