楠田枝里子がキンキン追悼「昨夏はとても元気でいらしたのに」

2015年04月17日 14時23分

愛川さんと人気クイズ番組「なるほど!ザ・ワールド」の司会を務めていた楠田

 フリーアナウンサーでエッセイストの楠田枝里子(63)が17日、肺がんのため急死した愛川欽也さんを追悼した。

 

 楠田は、愛川さんとともにクイズ番組「なるほど!ザ・ワールド」(フジテレビ系)で15年にわたり司会を務め、番組終了後も交流を続けていた。

 

 楠田は「愛川欽也さんとは『なるほど!ザ・ワールド』という番組で15年間、ご一緒しました。新しいテレビの世界を切りひらいているという自負心と活気に満ちた現場では、出演者も制作スタッフもスポンサーも、関係者全員が仲の良い大きな家族のような温かさがありました。そんななかで欽也さんは、誰にも親しまれるにぎやかなお父さんといった存在で、周囲には笑いが絶えませんでした」と当時を振り返り、「司会者として、エンターテインメントの司会の仕方や技を、たいへん勉強させていただきました」と感謝した。

 

「昨年の夏にお会いしたときには、とても元気でいらしたので、訃報に接して信じられない思いです」と突然の訃報に驚きを隠せなかった。

 

 また、歌手の小林幸子(61)も同日、文書でお悔やみコメントを発表した。

 

「突然の訃報に驚いております。これまでの長きに亘りご夫妻と懇意にさせて頂き、私の舞台ではお芝居の脚本を手掛けて下さった事もありました。繊細でいつも思いやって下さる欽也さんの笑顔を見れなくなってしまった事が、今はまだ信じられません。御冥福をお祈りいたします」

関連タグ: