北島三郎の紅白出場エールに美川憲一「身が引き締まる」

2015年02月17日 18時05分

一堂に会した北島三郎(前列中央)ら日本クラウン所属のアーティストたち

 歌手・北島三郎(78)が17日、都内で行われた「第51回 日本クラウンヒット賞贈呈式」に出席した。

 

 北島のほか美川憲一(68)、鳥羽一郎(62)らベテラン勢から、元AKB48の河西智美(23)や、昨年デビューした10人組グループのpredia(プレディア)といったアイドルまで、日本クラウン所属のアーティストが一堂に会した。

 

 昨年、紅白を卒業した北島は「昨年は誰もクラウンから紅白に出てなくて、非常に悔しい思いをしました。紅白に出られるような歌い手が出てこなければ」と苦言を呈した。この言葉に美川も「身が引き締まる思いです。私も26回出ているけど、さみしい」と語った。

 

 そんな話をしている2人の間にprediaが乱入。「可愛いだけじゃ物足りない、大人の遊び場へようこそ」とグループのキャッチフレーズを読み上げ「prediaです」とかわいくポーズを決める。北島も美川も「prediaです」と同じような振り付けをして笑いを取った。

 

「今の時代はこういうグループが多く出ている。そんな中でも負けないでほしい」とエールを送る北島。続けて「同じような人が同じようなことをやっていてはダメ。仲間が1日10歩歩いたら、自分は11歩歩く。でも、10歩しか歩いていないように振る舞わないといけない。それを続けていれば1年間で365歩の差が出るんだ」と、長くやる秘訣も伝授した。

 

 美川も「チームワークは大事。特に女のグループはあの子が売れたとか、ヤキモチを焼くところがあるから、仲良くしなさいね」とアドバイスした。