望月琉叶 2作連続ランキング1位目指し初のヒット祈願「目標は紅白出場」

2021年04月27日 04時00分

愛宕神社で新曲ヒット祈願した望月琉叶

 アイドルグループ「民族ハッピー組」のメンバーで昨年、演歌歌手としてソロデビューした望月琉叶(24)が26日、東京・港区の愛宕神社でセカンドシングル「面影・未練橋」(28日発売)の新曲ヒット祈願を行った。

 昨年7月のデビューシングル「失恋慕情」はオリコン演歌歌謡曲ランキング初登場1位、週間USENリクエストチャートで1位を獲得し、好セールスを記録した。今回は第2弾でもオリコン演歌歌謡曲ランキング1位と、大ヒットを目指しての祈願で、作詞をした幸田りえ氏、作曲の樋口義高氏も同神社に駆けつけ、3人で大ヒットを誓い合った。
 
 ヒット祈願は初めてという望月は「初めてのことなので最初は緊張しました。こうしてヒット祈願させていただいたからには、ただ神様に頼るのではなくて、自らも精進して、『愛宕神社』でヒット祈願してよかったなと思えるような結果を出したいですね。そして、次はこの神社でいいご報告ができるよう頑張りたい」と意欲満々だ。

 今度の新曲は「望月琉叶バージョンの『木綿のハンカチーフ』です。この曲の中に出てくる『橋』というのは、離ればなれになってしまった2人の心をつなぎ合わせる〝心の懸け橋〟という意味です。とてもすてきな曲なので、ぜひ多くの皆さんに聴いていただけたらうれしいです」とアピールした。

 望月は音楽活動のかたわら「グラビアもできる演歌歌手」として「週刊プレイボーイ」「FRIDAY」など雑誌のグラビアで水着姿を披露し、人気を集めている。

 グループ活動と演歌歌手の二足のわらじを履きながらどちらも全力投球中の彼女は「島津亜矢さんのように声を気持ちよく聴かせられるような歌手になりたいです。私は、ロングトーンを利かせた演歌を歌うのが自分の強みだと思っていますので、それを生かした歌をこれからも歌っていきたいですね。今度の新曲は10万枚を目指していますし、今年はNHK紅白歌合戦に出場するのが大きな目標です」と話した。

【関連記事】

関連タグ: