福田こうへい 約7か月ぶり!ファンの前でコンサート「Go To こうへいで楽しんで」

2020年09月24日 17時50分

福田こうへい

 演歌歌手・福田こうへい(44)が、24日、愛知県・名古屋市の日本特殊陶業市民会館フォレストホールで、7か月ぶりの「福田こうへい ソーシャルディスタンスコンサート2020」を開催した。

 福田がファンの前で歌唱したのは、2月26日の浦安市文化会館のコンサートが最後。それ以来、コンサートの延期や中止で60会場、約100公演がスケジュール変更となった。

 この日のコンサートは、6月に予定されていたコンサートの振替公演。熱烈なファンの要望と、万全のコロナ対策をとって実施したいという関係者の熱意で実現した。客席を50%に、検温、マスクの着用、掛け声禁止など万全の体制を取り、本来、1回公演のところを2回公演にしてのコンサート。福田にとって、211日ぶりのコンサートとなった。

 市松模様に着席している1000人の観客を前に福田は「コロナの影響でままならない状況が続いていますが、今日の皆様は、『Go To こうへい』で楽しんでください。」とあいさつした。ステージでは福田の原点である民謡やデビュー曲「南部蝉しぐれ」、「男川」、最新曲「筑波の寛太郎」などを熱唱。会場からの盛大な拍手のもとに全19曲を熱唱した。