紅白曲目決定の裏でひと悶着…石川さゆり“島倉千代子さんの曲は歌わない”

2013年12月21日 16時00分

島倉さんの曲を辞退し、自分の曲を歌う石川

 曲目決定の裏に“ひと悶着”があった!! 大みそかの「第64回NHK紅白歌合戦」の曲目が18日、同局から発表されたが、先月亡くなった島倉千代子さん(享年75)をめぐっては水面下である駆け引きがあったことが分かった。NHKは葬儀で弔辞を読んだ石川さゆり(55)に島倉さんの代表曲を歌わせたかったが結果は――。一方、注目の小泉今日子(47)は「コーナー出演」することが正式に決定した。

 11月に肝臓がんのため亡くなった島倉さんの歌を誰かに歌わせたい! NHKがこう考えるのは自然な流れだろう。だが、人選に悩んでいたのも事実だ。「今年を振り返る上で、島倉千代子さんの死去は外せない。そこでNHKサイドは葬儀で弔辞を読んだ石川さんに紅組のトリで『東京だョおっ母さん』や『人生いろいろ』など、島倉さんの代表曲を歌ってほしいとお願いしていたんです」とは、ある音楽関係者だ。

 しかし、石川の答えは「NO」。なんて非情な…と思うかもしれないが、これにはちゃんと理由があった。

「確かに島倉さんとは親しいですが、都はるみさんや五木ひろしさんなど、自分よりも仲の良かった先輩歌手がいるのに、そんな出しゃばったマネはできないということのようです。『自分が島倉さんの曲を歌うなんて、とんでもない』という気持ちでしょう。もちろん『自分の曲を歌いたい』という心情もあるでしょうが…」(同)

 結局、出場歌手の誰かに島倉さんのヒット曲を歌ってもらうプランは消滅した。代わりに、追悼コーナーの話が進んでいるという。

「過去の紅白で歌っている島倉さんのVTRを流すことを検討しているのだろう」とは、別の音楽関係者だ。もっとも、島倉さんのファンにしてみたら、別の歌手が代表曲を歌うよりも、元気なころの島倉さんの姿を見られる方が故人をしのぶ気持ちが高まるに違いない。

 一方で、NHKがかねてラブコールを送り続けていた小泉のコーナー出演がようやく決まったという。

 今年の目玉ともいわれる大ヒットした連続テレビ小説「あまちゃん」のコーナーへの出演に、ヒロイン・天野アキの母を演じた小泉が最後までOKを出さなかったことは本紙既報通り。

 焦ったNHKは同ドラマに出演する大先輩の女優・宮本信子(68)を紅白審査員に起用するなど、アノ手コノ手を使って小泉の担ぎ出しを画策。それがついに実を結び、先週末に小泉側からOKが出たという。

 サプライズ好きの小泉だけに「出演決定」と聞いて、翻意する可能性もゼロではないというが、ひとまずNHKはホッとひと安心といったところか。ちなみに、今年限りで紅白を“勇退”する北島三郎(77)は「まつり」で、大トリをとることになりそうだ。