五木ひろし2月以来のコンサート 北島三郎に並ぶ紅白最多50回出場へ「一生懸命がんばりたい」

2020年09月01日 18時00分

ゲストには坂本冬美(右)も登場

 演歌歌手・五木ひろし(72)が1日、東京・浅草公会堂でコンサート「ITSUKI モデル 弾き語りライブ」を行った。

 新型コロナウイルス感染拡大後、先月20日に「五木ひろし50周年記念シンフォニックコンサート」で歌唱したのに続き、ファンの前で歌うのは2度目になる。主催のコンサートとして2月以来ということもあり「ファンのみなさんの声援を受けて歌えるのは感動、うれしい気持ちでいっぱいです」と笑みを浮かべた。

 会場には、収容人数の半数となる約500人のファンが詰めかけた。「半分ですが、そんな感じはなかった。みなさんもその分、一生懸命に拍手をしてくれていたし、いつもより大きい拍手をいただいてうれしかった」という。7月から番組収録など仕事は再開しているが「やっぱり歌手はライブが命」と力説する五木。「一日も早く通常の状態に戻れることを願っています」と語った。

 また、開催そのものが決定していないが、今年「NHK紅白歌合戦」に出場すれば、50回の出場回数となり、北島三郎に並ぶ最多出場記録となる。「開催されるのであれば、選んでいただきたい思いは強い。ここ数年、そこを目指していた」という。それでも「こちらがどうこういうことではないので、局の方に選んでもらえるよう、年末に向けて一生懸命がんばりたい」と決意を新たにした。