細川たかしのスター人生を変えた大型台風「69歳にして初めて満員電車に乗った」

2019年10月11日 18時47分

北海道産の野菜をアピールする彩青と細川たかし

 歌手の細川たかし(69)、今年デビューした弟子の彩青(りゅうせい=17)が11日、東京・豊島区の池袋サンシャインシティで開催中の「北海道まるごとフェア」に登場した。

 細川、彩青とも北海道出身。「北海道のおいしい物を食べようと。2人とも北海道ですから、いろんな物をもっともっとアピールしよう」と言う細川だが、「いかんせん明日(12日)、台風来るから宣伝しているヒマじゃない」と冗談めかした。

 細川はステージで新曲「冬嵐」や「北酒場」、彩青はデビュー曲「銀次郎 旅がらす」などを披露。さらに北海道産ジャガイモ、タマネギ、ニンジンの“野菜詰め放題”にもチャレンジした。細川は「明日ほとんどの人が家から出られませんから。だから今日、ここで北海道の物を買って帰る。そしてジャガイモとタマネギを煮て、明日はそればっかり食べる」ときっちり宣伝した。

 細川と彩青は12日に岐阜で仕事が入っていたが、台風の影響でキャンセルになったという。13日には長野で仕事があるため、前日に同地に入る予定だ。

 先月9日、台風15号が房総半島に甚大な被害をもたらした時、細川は千葉県にいた。当日午後はNHKの生番組「ごごナマ」に出演予定だったため、朝早く車で千葉県を出発したが大渋滞。そこで蘇我駅で車を降りて満員電車に乗り込み、遅刻したものの何とかスタジオに駆け付けるというプロ精神は見せたことが大きな話題となった。「69歳にして初めて満員電車に乗った」と振り返った。