新人演歌歌手・二見颯一デビュー曲「哀愁峠」2万枚突破の魅力とは

2019年09月05日 17時00分

二見の今後に注目だ

 新人演歌歌手の二見颯一(ふたみ・そういち=20)が4日、都内でデビュー曲「哀愁峠」2万枚突破記念コンベンションを開催した。

 宮崎県出身で幼少時から民謡に親しんだ二見は、一昨年に行われた「2017年日本クラウン演歌・歌謡曲新人歌手オーディション」で見事にグランプリを獲得。3月6日に「哀愁峠」で待望のデビューを果たした。

 新人演歌歌手としては異例のCD2万枚突破に「多くの人に『哀愁峠』『二見颯一』の名前を広めていこうと頑張ってきました。目標がかなってうれしいです」。

 現在は休学中だが、都内の大学法学部に通う大学生であり、来年は復学予定。「教授、友達からも『元気か?』と連絡をもらっています。来年、(歌手と学生を)両立できるように頑張ります」と意気込んだ。

 近年は二見だけではなく、若くしてデビューする演歌歌手が増えている。「歌い手に若い方が増えているので、聴く若い人も増やしたい」と演歌とはあまり親しみがない若年層にも、その魅力を伝えていくのが目標だという。

「(哀愁峠は)3万、4万、5万といきたい。レコード大賞の新人賞を目指して頑張ります」と大きな夢を明かした。

 音楽関係者は「二見の魅力は“やまびこボイス”と称されるほど、伸びやかな歌声です。5歳のころから民謡を始め、中学生、高校生の時には民謡の全国大会でも優勝した実績がある。デビュー作が発売半年で2万枚突破というのは立派な数字で、それだけ多くの人を歌声で魅了したということ。若手が台頭しつつある演歌界でも期待のホープです」

 演歌界の新世代を引っ張るべく、二見は日々奮闘している。