天童よしみ 半崎美子とコラボ「私はショッピングモールのおかんとして」

2019年06月11日 16時03分

ハグをする天童と半崎

 演歌歌手の天童よしみ(64)が11日、都内で新曲「大阪恋時雨」(19日発売)の公開レコーディングを行った。

「大阪恋時雨」は、“ショッピングモールの歌姫”ことシンガー・ソングライターの半崎美子(38)による楽曲。2人の共通の知人である落語家の笑福亭鶴瓶(67)が縁を取り持ち、リリースに至ったといい、天童は「半崎さんは私も大好き。鶴瓶師匠から22日に突然、電話があって『もう泣けてしょうがないんや。これはよしみちゃんに歌ってほしいんや』と言われた」と明かした。

 さらに「ユーチューブで歌を聴いたところ、あなたがいるだけで何で泣けるんやろうっていう歌詞がズドーンときて。鶴瓶さんが泣いたところと一緒だった」と告白。一方の半崎は「コンサートで天童さんの声を聴かせてもらった。後ろの方だったのに、地鳴りのように足から波動が伝わってくるようだった。レコーディングに立ち会った時、この曲が生まれたのは、いつか天童さんに巡り合うためだったのかなと思った」と感極まって涙を浮かべた。

 今後は、天童も半崎のようにショッピングモールでコンサートを行う予定で「私はショッピングモールのおかんとして頑張りたい。ショッピングモールは大好きで、広いから運動になりますよね」と笑わせた。