原田悠里「志士の息吹を感じる」萩市のPR大使に

2019年05月12日 18時06分

左から萩市の藤道健二市長、PR大使に任命された原田悠里、萩市のゆるキャラ萩にゃん

 演歌歌手・原田悠里(64)が12日、新曲「萩しぐれ」の舞台の山口・萩市で行われた「夏みかんまつり」に参加。藤道健二萩市長(59)から萩・魅力PR大使に任命された。

 夏ミカンの香りに包まれる「かんきつ公園」特設ステージで、約1000人の観衆を前に新曲「萩しぐれ」ほかヒット曲の数々を披露。PR大使に任命され「〝PR大使とは私自身の魅力をPRすればいいんですか?〟と聞くと〝(藤道市長から)悠里さんの魅力はいいので、萩の魅力をPRしてください〟と言われました」と明かし、会場の笑いを誘った。

 萩について「幕末から明治維新へと新しい時代に夜明けをけん引した吉田松陰他、たくさんの志士の息吹を感じるところ」と早速PRすると「新元号の幕開けに、この地からパワーをお届けできますよう心を込めて歌って参ります」と誓った。