市川由紀乃「演じさせていただけるとは」 島倉千代子さんの墓前に報告

2019年03月31日 18時34分

島倉千代子さんの墓前に報告する市川由紀乃

 演歌歌手・市川由紀乃(43)が31日、東京・品川区の東海寺大山墓地に眠る歌手・島倉千代子さん(享年75)の墓前に島倉さんを題材にした芝居を演じることを報告した。

 市川は大阪・新歌舞伎座で7月に初座長を務め「島倉千代子七回忌追善 人生いろいろ~島倉千代子物語~」を演じる。この日、初めて島倉さんの墓参りをし、島倉さんの大ヒット曲「からたち日記」にちなんで「からたちの鉢植え」を供えながら手を合わせた。

「ずっと前からお墓参りをさせていただきたいと思っていたのですが、今回、このようなご縁を頂き、お参りさせていただける喜びをひしひしと感じています」と話した市川。続けて「島倉さんは、自分が歌い手を志していたころから尊敬していた憧れの方でして、そんな大先輩の島倉さんを演じさせていただけるとは夢にも思っていませんでした。ようやくお墓参りが実現して、今はとてもすがすがしい気持ちです」と笑顔を見せた。

 島倉さんとの共演は3回あり「2回目にラジオの公開番組で共演させていただいた際『頑張ってね』と、優しくほほ笑んでくださった笑顔とお言葉が特に印象に残っています」。

 芝居の中では、かつて島倉さんが結婚していたプロ野球・阪神のスター選手、藤本勝巳さん(5年後に離婚)との挙式シーンで、ウエディングドレス姿も初披露するそうで「いつまでも少女のようにかわいらしく、まっ白なお心を持った方だったので、そんな一面も出せたら…」と意気込みを語った。