【紅白】北島三郎 圧倒的存在感で「まつり」熱唱

2018年12月31日 22時58分

 演歌歌手・北島三郎(82)が「第69回NHK紅白歌合戦」(31日、東京・渋谷区のNHKホール)に特別出演。北島のコーナーには、弟子の北山たけし(44)と大江裕(29)による特別ユニット「北島兄弟」も参加した。

 史上最多の50回出場となった2013年で“卒業”としていた北島が、平成最後の紅白に帰ってきた。歌唱前には、白組司会・櫻井翔が北島に行ったインタビューの映像が放送され、披露する「まつり」への思いなどが語られた。

 北島は、よろい武者のやぐらに乗ってド派手に登場。その周りには桑田佳祐や嵐、松田聖子、AKB48ら出場者が集まり、北島の方を向いてウチワを振るなどして盛り上げた。

 最後のサビは「これが平成のまつりだよ~」と歌い、会場は大盛り上がり。歌唱後に北島は「会場の皆さん、出演者の皆さん、テレビをご覧の皆さん、本当にありがとうございました」と感謝を述べた。